中区・西区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

牛乳の発祥も本牧 70年代まで牧場散見

社会

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 丑年である今年。「牛」に関わる地域の歴史に光を当てたい。

 日本における食用の牛肉および牛乳文化は、中区本牧が発祥の地といわれる。本牧元町、丘の上にある市八聖殿郷土資料館の相澤竜次館長は、牛乳・乳製品の発祥の地も本牧と指摘する。

 食用の牛同様、居留地の外国人により乳牛が持ち込まれたことが、牛乳・乳製品が一般に普及していくきっかけだったという。慶応2(1866)年には、アメリカ人のリズレーが日本で初めて牧場経営を始めたとされ、その後、外国人が経営する牧場が山手から本牧・根岸に出来ていったといわれる。

外国人から酪農技術学ぶ

 居留地近くでは、外国人から酪農技術を学んだ日本人が本牧・山手・根岸に牧場をつくり、日本人に乳製品を供給するようになったという。牧場といっても牛を放牧できる規模のところから、牛小屋程度の規模まで様々。その後、酪農技術は本牧から全国へと広がった。相澤館長は「日本での牛乳や乳製品についても、本牧が発祥と言っても過言ではないのではないでしょうか」と指摘する。

 1955(昭和30)年まで、神奈川県は北海道に次ぐ日本第2位の牛乳生産量を誇っていた。都市化が進んだが、牛舎は1970年代半ばごろまで残っており、相澤館長は「70代後半の方なら、一升瓶を持って牛舎に牛乳を買いに行ったという方もいるのでは」と話していた。
 

中区・西区版のローカルニュース最新6

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

妻の介護記録一冊に

妻の介護記録一冊に 社会

中区不老町在住・青木さん

5月7日号

「鎖国」下の日英を紹介

開館40周年記念

「鎖国」下の日英を紹介 文化

横浜開港資料館で企画展

5月7日号

地元食材で朝食を

ベイシェラ

地元食材で朝食を 社会

地産地消の取組

5月7日号

声で活動意欲を可視化

声で活動意欲を可視化 経済

中区企業がアプリ開発

5月7日号

ミニチュアの魅力に迫る

横浜人形の家

ミニチュアの魅力に迫る 文化

ソフビ人形の展示も

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter