中区・西区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

「3/4はスカーフの日」 シルクの魅力伝えるイベント

文化

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
横浜スカーフ
横浜スカーフ

 開港以来、諸外国に輸出され横浜の繁栄を支えてきたシルク。そんなシルクや地元の特産品である「横浜スカーフ」の魅力を体験してもらおうと「かながわシルクフェア」が3月8日(月)から15日(月)まで、シルクセンター1階で開催される。

 会場ではシルク製品などの販売のほか、おしゃれなスカーフの結び方教室、パーソナルカラー診断、ハンドプリント体験など盛り沢山だ。

 入場無料。午前11時から午後5時まで。同イベント実行委員長で、横浜繊維振興会の会長を務める松村俊幸さんは「期間中は横浜スカーフ親善大使も来場します。感染対策をしっかり実施していますので、ぜひご来場ください」と呼びかける。

 2018年に3月4日は「スカーフの日」と制定。古くからヨーロッパではカトリックのミサの際に女性が三角形や四角形のベールを頭から被るのが礼儀とされ、ベールを忘れないように首に巻いたのがスカーフの始まりといわれている。三角四角の形から3月4日になった。

中区・西区版のローカルニュース最新6

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

5月7日号

妻の介護記録一冊に

妻の介護記録一冊に 社会

中区不老町在住・青木さん

5月7日号

「鎖国」下の日英を紹介

開館40周年記念

「鎖国」下の日英を紹介 文化

横浜開港資料館で企画展

5月7日号

地元食材で朝食を

ベイシェラ

地元食材で朝食を 社会

地産地消の取組

5月7日号

声で活動意欲を可視化

声で活動意欲を可視化 経済

中区企業がアプリ開発

5月7日号

ミニチュアの魅力に迫る

横浜人形の家

ミニチュアの魅力に迫る 文化

ソフビ人形の展示も

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter