中区・西区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

衆院選 現職、新人三つ巴の戦い 神奈川1区と2区

政治

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena

 衆議院選挙が10月19日公示、31日投開票で準備が進む。立候補意向を示しているのは以下の通り。※10月10日現在

 神奈川1区(中、磯子、金沢区)は無所属で現職・松本純氏(71)、立憲民主党の現職・篠原豪氏(46)、日本維新の会の新人・浅川義治氏(53)。2区(西、南、港南区)は自民党の現職・菅義偉氏(72)と立憲民主党の元職・岡本英子氏(57)、共産党の新人・明石行夫氏(62)。

松本氏、背水の陣

 松本氏は衆院議員7期目。2016年には第3次安倍第2次改造内閣で初入閣し国家公安委員長を務めた。緊急宣言中に銀座のクラブを訪れた事案で2月に自民党離党。薬剤師の立場から、国産ワクチン・治療薬の「創薬力強化」を訴える。

 篠原氏は金沢区選出で横浜市議を1期務め、現在、衆院議員2期目。14年の選挙で維新の党から出馬し初当選。17年は立民から出馬し当選(いずれも比例)。立民の外交・安全保障・主権調査会の会長として、現実的な外交・安全保障政策に取り組む。

 浅川氏は03年に磯子区から出馬し、横浜市議を1期務める。現在は日本維新の会の神奈川第1選挙区支部長。身を切る改革を含む政治・行政改革、情報公開を訴え、減税や最低所得保障、地域の治安強化と国の安全確保などを掲げる。

前首相に2人挑む

 菅氏は昨年9月に首相に就任。携帯電話料金の引き下げなどを進めた。ワクチン1日100万回を掲げ接種を加速化。総辞職の際、「国民が安心と希望を持てる未来のために、道筋を示すことができたのではないかと思う」との談話を出した。

 岡本氏は横浜市議(栄区選出)4期目途中の09年に辞職し、衆院選に民主党から3区(鶴見、神奈川区)で立候補し当選。1期務めた。税制を見直して経済格差を是正し、医療、年金、子育て・教育支援への予算の重点的配分を訴える。

 明石氏は12年、14年の衆院選(1区)、15年、19年の市議選に金沢区から出馬しいずれも落選。現在は党2区国対委員長。菅政権時のコロナ対策を「公助として機能していない」と批判し「命とくらしを守り抜く」をスローガンに掲げる。

中区・西区版のローカルニュース最新6

詐欺防止に感謝状

横浜中郵便局

詐欺防止に感謝状 社会

100万円の家賃に待った

1月20日号

中学生が公演制作に

MMホール

中学生が公演制作に 社会

5月の本番へ 活動開始

1月20日号

「ひょうちゃんルーム」登場

ホテルアソシア新横浜

「ひょうちゃんルーム」登場 社会

崎陽軒初 期間限定コラボ

1月20日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月20日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

12校にレモン植樹へ

新設NPO

12校にレモン植樹へ 社会

観光資源の開発一助に

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook