神奈川区版 掲載号:2011年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 『いのちの物語』小学生版を発行 課外授業などで活用広がる

読み聞かせボランティアの質問に答える児童ら
読み聞かせボランティアの質問に答える児童ら

 横浜市は、平成19年度から妊娠中や0歳児のいる親から赤ちゃんに贈る詩を公募し、詩集『トツキトウカYOKOHAMA』を発行している。分かりやすい詩を集めた小学生向けダイジェスト版『いのちの物語』が6月に誕生したのを受け、市内ではこの詩集を活用する小学校が増えている。

 神奈川区では大口台小学校(馬場正徳校長)の3年生82人と5年生65人が7月7日、道徳の授業で詩集『いのちの物語』を教材にして”いのち”や”生きること”について学んだ。 

 音楽室を利用して行われた3年生の合同授業では、保護者10人で組織される「本の読み聞かせボランティア」が、同詩集の朗読を中心にクイズなどを織り交ぜ授業を展開していた。ボランティアリーダーの岩田けい子さんが「親は子どもを一番大切に考えています。ここにいるみんなそう。大切に思う人を悲しませる事はしないでほしい」と話すと、児童らは熱心に耳を傾けていた。最後に児童らは「苦労して産んでくれたことがわかった」「生んでくれて有難うという気持ちになった」などと感想を発表していた。

 市こども青少年局企画調整課では「横浜のママ・パパが綴った赤ちゃんへの思いを小学生に届けることで、『生命』について考える機会づくりにつなげていきたい」とダイジェスト版の発行意義を話している。
 

神奈川区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

民間企業と「抗疲労効果」実証

神奈川大大後教授

民間企業と「抗疲労効果」実証

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

43本に倒木の危険性

幸ケ谷公園ソメイヨシノ

43本に倒木の危険性

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

県逮捕術大会で優勝

神奈川警察署

県逮捕術大会で優勝

3月1日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク