神奈川区版 掲載号:2011年10月27日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市六角橋地域ケアプラザ オーナー制で開所へ 区内の整備完了

社会

準備に励むスタッフ
準備に励むスタッフ

 横浜市が建物を賃借し運営を指定管理者に任せる市内初のオーナー制地域ケアプラザ「横浜市六角橋地域ケアプラザ(井上良一所長)」が11月1日(火)、六角橋3―3―13にオープンする。運営主体となるのは、社会福祉法人若竹大寿会(羽沢町/竹田一雄理事長)。

 地域ケアプラザは、市の福祉保健活動や交流の拠点となる在宅介護支援施設。「市地域ケアプラザ条例」に基づき設置されており、区内では、反町・神之木・菅田・片倉三枚・新子安・沢渡三ツ沢で整備が進められてきた。区内で7館目となる六角橋プラザの設置については、建設場所の確保が思うように進まず、市が所有者から建物を賃借し、指定管理者が運営を行う「オーナー制」を採用することで決着した。市で初めての整備手法となった六角橋プラザの開所で、区内での整備計画は完了する。

地域の安心スポットに

 施設は地上3階建で延床面積713平方メートル。運動や会食会などを行える多目的ホール(定員80人)、作業や打ち合わせができる地域ケアルーム(定員12人)・ボランティアルーム(定員12人)、調理室を備える。六角橋プラザは、要介護高齢者のケアプラン作成などの「居宅介護支援事業」のほか、福祉・保険の分野などで無料相談に応じる「地域包括支援センター」の機能を持つ。また、「地域交流の場」としての施設利用もできる。今後は、趣味やボランティアの講座、高齢者や子育て世代の交流イベントなどを行う予定となっている。

 10月25日には、岡田優子区長や地元議員、オーナーの山室宗作さん・陽子さんなど、関係者らを招いて記念式典が行われた。井上所長は「地域ケアプラザは、地域に開かれた安心スポットです。商店街に近いという立地を活かし、例えば、地域の人が自由に参加できる交流会やコンサートなどを企画していきたい」と話している。
 

神奈川区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

民間企業と「抗疲労効果」実証

神奈川大大後教授

民間企業と「抗疲労効果」実証

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

43本に倒木の危険性

幸ケ谷公園ソメイヨシノ

43本に倒木の危険性

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

県逮捕術大会で優勝

神奈川警察署

県逮捕術大会で優勝

3月1日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク