神奈川区版 掲載号:2012年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

百人一首競技大会 全国から492人集う 横浜隼会(はやぶさかい)が普及に一役

文化

参加者が熱戦を繰り広げた
参加者が熱戦を繰り広げた

 第93回全国百人一首かるた競技横浜大会が1月15日、神奈川トヨタ本社(栄町)で行われた。今大会は、有段者から初心者までの老若男女が4つのクラスに分かれ実施。全国各地から例年より100人以上多い492人が参加し、熱戦を繰り広げた。

 約200畳が敷き詰められた会場。1対1で向き合う畳の上は、熱気と緊張感が漂う。張りつめた静寂の中、詠み手が声を発した瞬間、手が飛び交い、札が飛ぶ。1試合にかかる時間は1時間超。朝から始めたトーナメント大会は、8回戦となる決勝戦まで残ると、すっかり夜となっていた。

 競技かるたの第一人者で5期頂点に立つと与えられる「永世クイーン」の称号を持つ渡邊令恵さん(神奈川トヨタ勤務)は、「長時間の集中力持続とともに、肉体的にも大きな負担を強いられる厳しい戦いです」と大会を説明する。競技かるたは、滋賀県大津市近江神宮での「名人戦・クイーン戦」を頂点に、年間約60回の全国大会を開催する。全国には100を超す同好会があり、日々練習や普及活動に励んでいる。創立100周年を迎える「横浜隼会」は、その筆頭だ。隼会では、講師として会員を派遣するなど、日本の伝統文化を伝えている。さらに、競技かるたを題材にした漫画『ちはやふる』の影響もあり、近年、愛好家は増加傾向にある。

 教育現場でも、授業に競技かるたを取り入れる学校が増えている。幸ヶ谷小学校では、国語の授業の一環として競技かるたを取り入れている。日頃の学習成果を発揮する場として実施される夏冬2回の集会には、全校児童が参加。小学校で使用しているは、「五色かるた」と呼ばれる20枚の簡易なものだが、1年生でも全て暗記している児童もいるという。
 

神奈川区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

専門学校が被害者支援

「はれのひ」問題

専門学校が被害者支援

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

臨海部の区民利用施設が連携

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

地区セン花壇を整備

錦台中ブロック

地区セン花壇を整備

2月1日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク