神奈川区版 掲載号:2014年6月5日号 エリアトップへ

六角橋北町シャインズ 市ソフト大会で優勝 異例の早さで1部昇格

掲載号:2014年6月5日号

  • LINE
  • hatena
優勝したメンバー
優勝したメンバー

 「平成26年度横浜市民体育大会ソフトボール競技春季大会 男子2部」が5月18日、神の木公園野球場で行われ、六角橋北町シャインズが優勝した。昨年行われた秋季大会で優勝し2部に昇格したばかりのチームが、異例のスピードでの1部昇格を決めた。

 年2回、春と秋に行われているこの大会。1部から3部まで約90チームがトーナメント形式で争い、上位2チームと下位2チームが入れ替えとなる。六角橋北町シャインズは男子2部トーナメント戦に出場した。

 浜松キャビン(西区)との初戦は、13―0で4回コールド勝ち。続く2回戦では、清水ケ丘ソフトボール(南区)の60代ベテランピッチャーがシャインズ打線を翻弄するも、3―3の同点で迎えた6回2死2塁の場面で6番ライト会田祐也選手がセンターオーバーのランニングホームランを放ち、サヨナラ勝ちした。

 その後も、3回戦に4―2でオール樽町(港北区)を下すと、1部昇格がかかった準決勝では、先発・石川智祥投手が打撃に定評のある南本宿南友クラブ(旭区)の打線を封じ、2―0で快勝。優勝候補・品濃ファミリーズ(戸塚区)との決勝戦ではホームラン3本と、持ち前の強力打線が爆発。9―4と差をつけ、昨秋の2部昇格からわずか約半年で1部昇格を掴み取った。キャプテンの中島康博選手は「みんなで掴んだ優勝。とても嬉しい」と喜びをかみしめた。

甲子園経験者ら若手選手を補強

 創部から50年の歴史を持つ同チーム。六角橋在住・在勤・在学など、20代から70代まで幅広い世代のプレイヤーが週1回、六角橋中学校を拠点に練習に励んでいる。

 中島選手が入部した15年ほど前までは経験者が一人もいなかったが、この数年でインターハイや甲子園出場経験者、実業団野球部でプレーした選手が加入。3年前に初めて春季大会3部に出場した。

 春季大会で1部優勝すると県大会への出場権が与えられる。中島選手は「1部はさらにレベルが違う。まずは次の秋季大会で1勝したい」と意欲を見せる。

神奈川区版のトップニュース最新6

チョコ募金で小児・難民支援

WEショップ

チョコ募金で小児・難民支援 社会

区内2店舗、2月14日まで

1月23日号

「がん情報ギフト」を寄贈

神奈川RC

「がん情報ギフト」を寄贈 社会

60周年記念で5図書施設に

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月16日号

名もなき坂に愛称を

六角橋北町

名もなき坂に愛称を 社会

住民投票で決定へ

1月16日号

「地域間連携、さらに深めたい」

「地域間連携、さらに深めたい」 政治

高田区長、今年の展望を語る

1月9日号

オリ・パラ 準備は万端

オリ・パラ 準備は万端 社会

黒岩知事インタビュー

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク