神奈川区版 掲載号:2017年8月3日号 エリアトップへ

福祉クラブ生協 菅田に複合福祉施設 住民支援受け開所

社会

掲載号:2017年8月3日号

  • LINE
  • hatena
鏡開きする関係者
鏡開きする関係者

 福祉クラブ生活協同組合かながわ地域協議会(朝倉八重子代表)は7月28日、複合福祉施設「リアンかながわ」=菅田町=の開所式を行った。祝賀会には、地域貢献として施設建設を支援した八木下和雄さんなどを招き、多くの関係者で完成を祝った。

 福祉クラブ生協は、神奈川県内の24地域にたすけあいの仕組みを拡げている、日本で初めての福祉専門生協だ。神奈川区は1990年設立。六角橋・平川町の2つの拠点で様々な支援サービスを提供してきたが、メンバーが一つに集まれる複合施設を作ることが、10年来の念願となっていた。

 施設名の「リアン」は、フランス語で「絆」や「つながり」を意味する。延床面積は386平方メートル。1階には小規模多機能ルームと介護相談室、食事サービス厨房、2階には子育てルームと集会室・会議室、事務室を設け、エレベーターも備えられている。

 新施設では、これまで行っていた「消費材の宅配」「家事介護サービス」「食事サービス」「移動サービス」に加え、10月から「小規模多機能サービス」「子育て支援サービス」「居宅介護支援サービス」を始める。小規模多機能サービスの実施は、福祉クラブ生協で初。

職業奉仕として

 施設建設は2016年4月、知人から相談を受けた八木下さんが支援に手を挙げたことがきっかけ。地元で不動産業を営む八木下さんは、複合施設仕様に建設した上で建物を貸すことを約束。ロータリークラブのメンバーでもある八木下さんは「職業奉仕の一環として地域に貢献したかった」とあいさつし、祝賀会で感謝状を受け取った。

 朝倉代表は「地域密着型の施設として地域の方々と交流し、今以上に新しい生活が拡がることを楽しみにしています」と話した。
 

感謝状を受け取る八木下さん
感謝状を受け取る八木下さん

パシフィコで家具メッセバザール

6月8日、9日に厳選された家具が集まるお得な祭典!

https://www.kanetaya.com/

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

梅雨明けから急増

熱中症

梅雨明けから急増 文化

10代・高齢者の搬送目立つ

8月15日号

「誰もが輝ける社会を」

神奈川小6年椎名柚さん

「誰もが輝ける社会を」 教育

平和スピーチ大会で入賞

8月8日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月1日号

菅田小跡地利用を検討へ

菅田小跡地利用を検討へ 社会

委員会が発足

8月1日号

リユース食器 利用進むか

リユース食器 利用進むか 社会

公社事業終了 補助金に差

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月1日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク