神奈川区版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

神大生が区の魅力発信 開催2回目で規模拡大

社会

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena
学生と出店者が交流
学生と出店者が交流

 神奈川大学学生ボランティア活動支援室(小倉勝十室長)は6月29日、同大学で「神大マルシェ」を開催した。出店者が昨年から5件増え、今年から区内企業も参加。約500人が来場し、区の魅力にふれた。

 神大マルシェは、「神奈川大学の学生に普段から通学しているまちの魅力を知ってもらうこと」や「地域の人に神奈川大学に来てもらうこと」を目的に、昨年同団体が企画したイベント。昨年は、区内の農家や障害者就労支援作業所など8店舗から出店があり、商品を通じて学生と地域が交流した。

 今年は、出店者が5店舗増え、全13店舗に拡大した。岩井の胡麻油株式会社や川美せんべい本舗など地域に根付いている企業が出店したほか、神奈川区役所や横浜市中央卸売市場も地産地消の推進や市場のPRなどのブースを設けた。昨年は、同大学の3号館のみを使用していたが、同館のエントランス前にもブースを設け、区の魅力を発信した。

地域の力を借りて

 今回の出店規模の拡大は、地域と学生が繋がる「まち×学生プロジェクト」の存在が大きい。月に一度開かれる会議のなかで、学生側から企画を共有することで地域の人や行政が持つ人脈を頼りに出店へ結びつけたこともあり、規模が広がる要因となった。

 当日は学生をはじめ、地域住民や出店関係者など約500人が来場した。スタート時には、高田靖神奈川区長も駆けつけ、あいさつ。来場した学生らは、商品を手にしながら出店者と話し、神奈川区の魅力を知った。

 小倉室長は「新しい出店者が増え、区の歴史や情報も知ることができた。今後も交流イベントを企画しているので地域との距離感を縮めていきたい」と笑顔で話した。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

三ツ沢小が「大賞」に

日産財団理科教育賞

三ツ沢小が「大賞」に 教育

考え深める教育が高評価

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

梅雨明けから急増

熱中症

梅雨明けから急増 文化

10代・高齢者の搬送目立つ

8月15日号

「誰もが輝ける社会を」

神奈川小6年椎名柚さん

「誰もが輝ける社会を」 教育

平和スピーチ大会で入賞

8月8日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月1日号

菅田小跡地利用を検討へ

菅田小跡地利用を検討へ 社会

委員会が発足

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月22日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク