神奈川区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

六角橋メガネの太田 古眼鏡をタイに寄付 現地へ届け20年間

社会

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
寄付予定の眼鏡を手にする中村代表
寄付予定の眼鏡を手にする中村代表

 来年創立50周年を迎える六角橋の「メガネの太田」(中村善昭代表)は、20年間欠かさず下取りや寄付で集めた眼鏡をタイに無償提供するボランティア活動を行っている。今年も10月25日から28日にかけて中村代表らが現地を訪れ、眼鏡を必要とする人々に直接手渡す。

 この取り組みは、メガネの太田をはじめ日本の眼鏡店が加盟する団体「NPO法人日本―タイ王国メガネボランティアグループ」が実施しているもの。視力補正を通じてタイの人々の生活向上に繋がればと、年間で約2000個の眼鏡を無償配布する活動を20年間にわたり続けてきた。

 同社の中村代表は初期メンバーとして当初からこのプロジェクトに携わっており、「送っておしまいではなく本当に困っている人に手渡ししたい」との思いから、代表とスタッフが交代で毎年直接現地に出向いている。

 タイで提供されるのは寄付で集められた眼鏡のフレームを活用し、新たなレンズや部品に交換したもの。事前に赤十字の献血に参加した人を対象に配布され、現地では視力測定後にそれぞれの度数に合った眼鏡を選び、かけ具合などを調整する。

不要眼鏡を募集中

 今年は眼鏡店10社20人で、チョンブリ県のスイラーシャ寺院やバンコクのパクナム寺院といった地域を訪れる予定だ。

 これに伴い、同店では使わなくなった眼鏡を募集している。中村代表は「ご不要の眼鏡がありましたらお持ちください。間違いなく有効活用できますよ」と呼び掛ける。
 

以前の無償提供の様子
以前の無償提供の様子

神奈川区版のトップニュース最新6

交通弱者に快適な移動を

神奈川トヨタ自動車

交通弱者に快適な移動を 社会

タクシー向け講習 「なでしこ」認定

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

「もの忘れ検診」開始

横浜市

「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上対象に無料で

2月13日号

「電気火災」が増加

出火原因消防まとめ

「電気火災」が増加 社会

火使わない機器にも注意を

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

「奮闘努力」全国で結実

横浜創英高校バトン部

「奮闘努力」全国で結実 スポーツ

ダイナミックな演技が高評価

2月6日号

「トップ10入り目指す」

横浜FC

「トップ10入り目指す」 スポーツ

13年ぶりのJ1舞台

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク