神奈川区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

六角橋メガネの太田 古眼鏡をタイに寄付 現地へ届け20年間

社会

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
寄付予定の眼鏡を手にする中村代表
寄付予定の眼鏡を手にする中村代表

 来年創立50周年を迎える六角橋の「メガネの太田」(中村善昭代表)は、20年間欠かさず下取りや寄付で集めた眼鏡をタイに無償提供するボランティア活動を行っている。今年も10月25日から28日にかけて中村代表らが現地を訪れ、眼鏡を必要とする人々に直接手渡す。

 この取り組みは、メガネの太田をはじめ日本の眼鏡店が加盟する団体「NPO法人日本―タイ王国メガネボランティアグループ」が実施しているもの。視力補正を通じてタイの人々の生活向上に繋がればと、年間で約2000個の眼鏡を無償配布する活動を20年間にわたり続けてきた。

 同社の中村代表は初期メンバーとして当初からこのプロジェクトに携わっており、「送っておしまいではなく本当に困っている人に手渡ししたい」との思いから、代表とスタッフが交代で毎年直接現地に出向いている。

 タイで提供されるのは寄付で集められた眼鏡のフレームを活用し、新たなレンズや部品に交換したもの。事前に赤十字の献血に参加した人を対象に配布され、現地では視力測定後にそれぞれの度数に合った眼鏡を選び、かけ具合などを調整する。

不要眼鏡を募集中

 今年は眼鏡店10社20人で、チョンブリ県のスイラーシャ寺院やバンコクのパクナム寺院といった地域を訪れる予定だ。

 これに伴い、同店では使わなくなった眼鏡を募集している。中村代表は「ご不要の眼鏡がありましたらお持ちください。間違いなく有効活用できますよ」と呼び掛ける。
 

以前の無償提供の様子
以前の無償提供の様子

神奈川区版のトップニュース最新6

新子安交番廃止へ

新子安交番廃止へ 社会

県警整備計画で2021年度末

3月4日号

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

3月4日号

逆境乗り越え笑顔の金

チアクラブLIPS

逆境乗り越え笑顔の金 スポーツ

全国大会で初の快挙

2月25日号

児童虐待対策へ支援拠点

横浜市

児童虐待対策へ支援拠点 社会

神奈川区など10区に来年度

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

商店主がプロの技伝授―横浜市神奈川区でまちゼミ

東京建物不動産販売横浜支店

一般住宅から事業用まで査定無料!すぐに現金化できる「直接買取」も好評です

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:27更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク