神奈川区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

防災スピーカー 設置進む 市、3年かけ全域に整備

社会

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は災害時の情報発信力強化を目的に今年度から防災スピーカーの設置を進めている。2021年度までに市内190カ所に設置する計画で、4月1日からは初年度に整備された42カ所で運用がスタートする。

4月から42カ所運

 市の災害時の情報発信は、区の広報車などはあるものの、ホームページ、Eメールなど電子的なものが中心だった。さらに県内で唯一、全域にわたる防災スピーカーを設置してない現状もあった。市危機管理室の担当者は「自然災害が多くなっている昨今、電子機器に弱い人が情報弱者にならないように様々な方法で情報発信する必要がある」と導入理由を説明する。

 初年度に防災スピーカーが整備されるのは、港南、都筑、栄、泉区の各区役所や西、戸塚消防署、地域防災拠点など42カ所で4月1日から運用が開始される。神奈川区は、松見消防出張所と錦台中学校が対象。今年度は約1億8500万円を計上。21年度までに未設置の区役所や半径300mの音達範囲内に住む人口が多い地域防災拠点など市内190カ所に整備する。

独自の緊急情報も

 防災スピーカーで放送される内容は、震度5弱以上の緊急地震速報や大津波警報、気象特別警報など国から発信される自動放送(Jアラート)と、横浜市が独自に発信する避難勧告や避難指示などの緊急情報の2つ。市は東日本大震災を受け、2013年度に沿岸8区を対象に屋外スピーカーを約90カ所設置しているが、このスピーカーは津波などに関するJアラートにしか対応していない。今後は市の緊急情報にも対応する予定だ。

 今年度設置される磯子区の岡村小学校周辺は、土砂災害警戒区域に指定されている。岡村地区連合町内会の三澤繁次会長は「昨年は大型台風などもあり防災スピーカーの必要性を感じていた」と話す。

 市危機管理室の担当者は「防災スピーカーは情報発信手段の一つ。これまでの文字や画面に加え音を取り入れ、必要な情報を素早く発信していきたい」と話した。

神奈川区版のトップニュース最新6

「もう一度店を」思い実った

「もう一度店を」思い実った 社会

閉店の飲食店、同業が支援

8月13日号

ひとり親の食を支援

横浜市

ひとり親の食を支援 社会

コロナ禍受け提供会

8月13日号

住宅火災の割合増加

横浜市

住宅火災の割合増加 社会

上半期に157件発生

8月6日号

「学びの保障」に対策

市教委

「学びの保障」に対策 教育

臨時補助職員を増員

8月6日号

けが予防へ3者スクラム

神奈川消防署

けが予防へ3者スクラム 社会

浴場・薬局に冊子配架

7月30日号

9割は「ネット広告」

通販トラブル

9割は「ネット広告」 社会

前年度から相談倍増

7月30日号

神奈川学園中学・高等学校

地球の問題をグローバルにとらえ、我がこととして行動できる一人ひとりを育てます

http://www.kanagawa-kgs.ac.jp/

メルビック電工株式会社

横浜市の電気工事、電気通信・設備工事

http://www.melvic.co.jp/

自治会・町内会に加入しよう

神奈川区連合町内会自治会連絡協議会

http://www.kg-kurenkai.org/

タウン歌壇 青海波

川面にはただよう光の粒子みえ風にこたえる鳥の囀り

こらぼネット・かながわ

地域の皆様とともに地域貢献活動を行っています

http://kana-sisetu.jp/

ジャパントータルサービス

「安全」「安心」のトータル・マネージメントを実現します

http://www.jts-21.com/

オアシスデラーナ

美・健康・癒しのトータルケア&コミュニティサロン

https://oasis-de-rana.net/index.html

学校法人岩崎学園

一人ひとりの夢の実現のために。オンライン教育にも強みを発揮。

http://www.iwasaki.ac.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月9日20:15更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク