神奈川区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

横浜市景況感 リーマン以来の低水準 下落幅は過去最大に

経済

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市が12日に発表した景況・経営動向調査の速報値で、企業の景況感を示す業況判断指数(BSI)が2009年のリーマン・ショック後に迫る低水準となったことが分かった。調査開始以来最大の落ち込みとなり、新型コロナウイルスの流行に伴う市内経済の失速が浮き彫りとなった。

 調査は今年5月8日から22日の期間中、市内企業と市内に事業所を置く企業1000社を対象に実施。587社から回答を得た。

 業況が「良い」と回答した割合から「悪い」と回答した割合を引いた業況判断指数は、今年4〜6月期でマイナス64・0となり、前期(1〜3月)より36・8ポイント低下。調査開始以来最大のマイナス幅で、2011年の東日本大震災直後のマイナス48・5、消費税率引き上げ直後のマイナス26・2(14年4〜6月期)を大きく下回り、リーマンショック後のマイナス69・7(09年1〜3月期)に迫った。

 製造業全体ではマイナス67・3(前期比△31・3)で、「印刷」と「輸送用機械」は共にマイナス88ポイント台と落ち込みが目立った。7〜9月期は9業種中6業種で今期よりも業況判断指数が低下し、新型コロナウイルスによる影響が拡大する見通し。

飲食・宿泊業は業況改善不透明

 非製造業は、前期から40・9ポイント低下しマイナス61・4。外出自粛や移動制限のあおりを受け、インバウンド需要も消失した「飲食店・宿泊業」は業況判断指数がマイナス100となり、回答した19社全てが業況を「悪い」と回答。7〜9月期もマイナス100で推移し、10〜12月期もマイナス94・7と業況の改善は不透明だ。

 規模別の業況判断指数では、大企業がマイナス54・1(前期比△33・6)に対し、中小企業はマイナス66・7(前期比△35・4)、小規模企業は71・1(前期比△31・8)だった。

神奈川区版のトップニュース最新6

還元金額5%にとどまる

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%にとどまる 経済

利便性に課題か

1月20日号

海中ソーラー 実用化目指す

海中ソーラー 実用化目指す 社会

神大、横浜港で実証実験へ

1月20日号

「つながり」育む1年に

「つながり」育む1年に 社会

日比野区長インタビュー

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

11年ぶり中学生記録樹立

セントラルスイム

11年ぶり中学生記録樹立 スポーツ

短水路800mリレーで

1月6日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook