神奈川区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

チアクラブLIPS 逆境乗り越え笑顔の金 全国大会で初の快挙

スポーツ

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
受賞を喜ぶLIPSのメンバー
受賞を喜ぶLIPSのメンバー

 神奈川区と保土ケ谷区の小中学生が所属する「三ツ沢チアリーディングクラブLIPS」が、1月16日・17日に東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた第18回子ども大会(日本チアリーディング協会主催)で金賞を受賞した。チームの結成以来、大会での受賞は今回が初めて。新型コロナウイルス感染症の影響による活動休止や競技ルールの変更などにもめげず、持ち前のチームワークで息の合った演技を披露した。

 子ども大会には全国の小中学生チームが集まり、日本一の座をかけて笑顔の真剣勝負を繰り広げた。LIPSが出場したエキシビションジュニアスター部門は、緊急事態宣言下での開催を受けてエントリーを辞退した8チームを除く25チームが参加した。

 小学4年生から中学2年生までの7人が所属するLIPSは、同大会や夏のジャパンカップなどへの出場を目指して神奈川スポーツセンターや平沼記念体育館で練習を重ねている。大舞台での受賞は、2011年の結成以来初の快挙だ。

 キャプテンの山田真詩(まこと)さん(六角橋中2)は「緊張したけれど、演技が始まるといつも通りリラックスして踊ることができた」と振り返る。昨年秋からキャプテンを任されてチームをけん引する中、「笑顔を忘れずに、動きをシンクロさせて演技するのが目標でした。キャプテンとして金賞を取れるなんて思わなかったからすごくうれしい」と言葉を弾ませた。

コロナ禍で一丸

 昨年3月から6月にかけては、新型コロナの影響で練習会場が使用できなくなり活動の一時休止に追いやられた。競技規則の見直しで演技時間は1分30秒に短縮され、組体操のようなアクロバティックな動きが醍醐味のスタンツも禁止となるなど、構成の変更も余儀なくされた。

 指導にあたる榎本香コーチは「LIPSには盛り上がってくると止まらない勢いがある。演技中に声を出すこともできなくなった中で、表情の作り方や手の振り方を工夫することで元気を伝えられたら」といい、弾けるような笑顔がトレードマークのチームを盛り立てる。

 演技構成を練る中で、「生徒自身が話し合い、チームの持ち味を最大限に生かせるような踊りを考えるなど、一人一人の成長につながった」とも話し、コロナ禍という逆境がチームの結束力をこれまで以上に高めてくれたという。

 最年少の太谷碧希(あおみ)さん(三ツ沢小4)と久柴紅(あかね)さん(神大寺小4)は、「体を動かすことが好きだからチアリーディングは楽しい」と口を揃え、「もっときれいに踊れるようになりたい」「タンブリングを上達したい」と目標を語る。卒業した生徒の多くはチアリーディング部がある高校を進路に選んでいるといい、榎本コーチは「いつか卒業生から日本代表が生まれたら」と期待している。

神奈川区版のトップニュース最新6

「片倉元気に」商店主奮闘

「片倉元気に」商店主奮闘 社会

にぎわい創出、アイデア多彩

4月22日号

危険なバス停 区内に15カ所

危険なバス停 区内に15カ所 社会

国交省の調査で

4月22日号

横浜駅西口に交付拠点

マイナンバーカード

横浜駅西口に交付拠点 社会

神奈川区民も利用対象に

4月15日号

ツシマヤマネコ 人工繁殖

おとなりタウンニュース

ツシマヤマネコ 人工繁殖 社会

ズーラシアで成功、国内初

4月15日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

地域愛育むマップ完成

大神商店会

地域愛育むマップ完成 コミュニティ社会、

AR機能で動画再生も

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

保土ケ谷で大会

全日本プロレス

保土ケ谷で大会

4月28日~4月28日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter