神奈川区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

神奈川区 園児向けの防災教材制作 横市大との連携事業で

教育

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena
完成した「てくてくまっち」と手掛けた区の職員
完成した「てくてくまっち」と手掛けた区の職員

 神奈川区役所と横浜市立大学はこのほど、保育・教育施設向け防災教材「てくてくまっち」を制作した。同教材は園児と職員が日常活動の延長で、防災・減災の視点からまちの資源とその活用方法をカードを通して遊びながら学ぶことができる。現在、区内約130施設に向け、配布を始めている。

 防災教材「てくてくまっち」は、保育・教育施設の園児や職員に「てくてくとまちを歩きながら学んでほしい」と名付けられた。同教材には、川・水路や防災倉庫、公園などまちの資源が描かれた20種類のカード2組ずつと説明書、自由記載のカードなどが入っている。それぞれのまちの資源を理解し、その資源が持つまちとの人的なつながりや防災・減災の視点、持続可能な開発目標(SDGs)との関わりなどが学べるもの。

 保育・教育施設の園児と職員が、室内で同じカードを探すゲームをしたり、散歩にでかけた際にカードを持ち出し同じものを地域で見つけるなど活用方法はさまざま。年齢に応じて多様な遊びを何度も繰り返し、子どもがまちの資源を身近に感じることで、減災へつながる自助意識を養う狙いがある。

3年間の集大成

 神奈川区では災害時に保育・教育施設などが安全に避難を進めるため、保育所や幼稚園の園長先生らが検討し「保育・教育施設向け+αの防災ガイド」を2019年に作成。さらに防災ガイドの内容を地域で実践的に取り組むために、専門的な知見が必要となり、横浜市立大学の教員地域貢献活動支援事業を活用した「保育・教育施設防災アドバイザー派遣事業」がスタートした。

 アドバイザーは、横浜市立大学国際教養学部都市学系の三輪律江教授と横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院の稲垣景子准教授が担当。三輪教授のゼミ生なども参加しながら、19年度から21年度にかけて保育・教育施設の関係者を対象に防災対策の共助の部分について、地域連携の在り方を考える全7回の連続講座を実施し、約250人参加したほか、区内の保育園でワークショップなどを実践する伴走支援も行った。

 そうした取り組みを受け、3年間の集大成として同教材の制作に挑戦することに。多くのまちの資源の中から、神奈川区内で生かせる20種類のカードを厳選。1年間かけて作りあげた。同教材の制作を担当した区こども家庭支援課松見保育園の坂田雪江保育士は「子どもたちの防災の学びが、保護者や職員の防災対策にもつながると思いますので保育・教育施設ではぜひ活用いただきたいです」と話した。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

体験通じ、障がい理解

体験通じ、障がい理解 社会

有志団体が福祉職員らに

6月23日号

ヤミ市場 3年ぶりに

六角橋商店街

ヤミ市場 3年ぶりに 社会

規模縮小し、再開

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月9日号

アートでSDGsを表現

青木小6年生

アートでSDGsを表現 教育

学びを作品に昇華

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook