神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2024年2月22日 エリアトップへ

屋内は原則禁煙 タバコから県民の健康を守る 県議会議員 片桐のり子

公開:2024年2月22日

  • X
  • LINE
  • hatena

 マスク着用も必要なくなり、皆様も忘新年会等で飲食店を利用する機会が増えたのではないでしょうか。こうした状況で、県民の皆様から「数年前と比べ店内でタバコを吸っている人をよく見かけるようになった」との情報が頻繁に寄せられています。第3回定例会で知事に質問しました。

受動喫煙対策

 「神奈川県受動喫煙防止条例」は、受動喫煙から県民を守る条例として平成21年に日本で初めて制定。その後、49自治体に波及した流れを受け、令和2年に「改正健康増進法」が施行されました。現在は全国で、公的機関等だけでなく客席面積100平方メートルを超える飲食店も原則屋内禁煙となっています。しかし、対象外の小規模店舗や加熱式タバコ等での喫煙が許されている店、中には違反していると思われる飲食店もあり、規制が緩くなったのではないかという声が聞かれます。

 一方、厚生労働省の調査では、日本の喫煙率は男性が約25%、女性が約8%に減少。喫煙者の約3割は「タバコをやめたい」という願望があります。県民全体の健康を守るため、受動喫煙防止対策がしっかり機能しているかどうかのチェックや見直しと共に、「禁煙」を応援する施策も非常に重要だと主張しました。

禁煙・卒煙支援

 知事は「県条例制定以降、対象となる施設に対し延べ10万件超の訪問と指導を行ってきた。法律は条例を上回る規制となり、受動喫煙対策の一層の強化が図られたと考えるが、条例では義務の喫煙”禁止”の表示が、法律では”可能”エリアを表示する規定となっている。今後、表示の見直し等についても、県民や事業者への周知を積極的に行い、受動喫煙防止をさらに進めていく。

 タバコをやめたい方への『卒煙サポート』として、医療機関や薬局等と連携した禁煙相談や、グループワークやリモートでの保健指導を行う『かながわ卒煙塾』等の支援を行っている。今後もこうした施策や、タバコのリスクの啓発を進め、禁煙したい方が円滑にやめられるよう、しっかりと取り組む」と回答。

 県民の健康を守るべく、今後も皆様の声を県政に届けてまいります。

片桐紀子

神奈川区反町3-22-2 柿田ビル202

TEL:070-8524-9061

https://www.katagirinoriko.net/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

ペットツーリズムで観光推進

ペットは家族。旅行も一緒に

ペットツーリズムで観光推進

県議会議員 片桐のり子

4月18日

強い経済で、優しい社会を。

衆議院議員 中西けんじ 意見広告

強い経済で、優しい社会を。

4月18日

医療・産業にグローバルな視点を

誰もが健康に長生きな社会

医療・産業にグローバルな視点を

県議会議員 片桐のり子

4月4日

災害対応力を強化する女性の視点

市政報告

災害対応力を強化する女性の視点

横浜市会議員 竹内 やすひろ

3月28日

国際園芸博を活性契機に

市政報告

国際園芸博を活性契機に

自民党横浜市会議員団 小松のりあき

3月28日

死後の選択肢にも多様性を

終活支援・相談の充実化

死後の選択肢にも多様性を

県議会議員 片桐のり子

3月21日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 2月29日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook