宮前区版 掲載号:2013年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

科学脳、地域で育てる 発明クラブが2期生募集

 科学教室などを通じ、子どもたちに「ものづくり」の魅力を伝える「川崎北部少年少女発明クラブ」(安村通晃会長/慶應義塾大学環境情報学部教授)が、2期生の募集を開始した。

 同クラブは全国組織「公益社団法人発明協会」の下部組織として昨年発足した。近隣在住の科学者や技術者OBなどが講師や指導員として子どもと接し、ものを作る楽しさや発見の感動などを伝える試みに、前回の募集では定員を大きく上回る応募があった。

 会員72人でスタートした昨年は、東京工業大学で11月に行われた「第3回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト」に参加した小学4年生の宮本大地さん、吉田咲さん、村松勇史さんが特許庁長官賞を受賞する活躍をみせた。

 今回は、麻生区、多摩区、宮前区、高津区の小学3年生〜中学生若干名を募集する。会員になると、年間を通じ実験教室や講座などに参加できるほか、同組織が各地で行う全国大会などに挑戦できる。

 希望者はハガキに住所、氏名、学年、性別、連絡先(メール、電話番号)を明記のうえ、〒215-0021川崎市麻生区上麻生6の25の1麻生総合病院事務局内「川崎北部少年少女発明クラブ事務局」まで応募を。締め切りは1月31日(必着)。発表は通知をもって行う。応募者多数の場合は抽選となる。結果についての問い合わせなどには応じない。

 応募に関する問い合わせは同クラブ(【電話】090・4249・3603)四方さんへ。
 

宮前区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク