宮前区版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

転入者向け情報誌更新 区の魅力掘り下げPR

社会

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena
野本区長へ完成報告をしたみやまえ情報ラボのメンバー(上)と2月から配布される「ぐるっとみやまえ」第2版
野本区長へ完成報告をしたみやまえ情報ラボのメンバー(上)と2月から配布される「ぐるっとみやまえ」第2版

 宮前区への転入者に向けた情報誌『ぐるっとみやまえ』の第2版がこのほど完成した。制作に携わったのは区民主体の活動団体「みやまえ情報ラボ」(持田正美代表)。発行は8千部で2月から配布される予定。

 『ぐるっとみやまえ』は2012年の第3期区民会議提案から始まり、区民目線で区の魅力を伝える内容が好評を得た。第2版は昨年4月に始動。みやまえ情報ラボが主体となり、初めて区民が企画から取材、記事作成、校正まで一貫して取り組んだ。

 今回は「宮前区をいかに楽しんでもらうか」をテーマに、東名向ヶ丘バス停から箱根への旅や祭りイベント情報などの内容が新たに盛り込まれ、全体のデザインも一新された。

 19日には野本紀子区長への完成報告を行った。区長は「区民目線の感想が載っているのが楽しい。転入者が上手に地域を住みこなせるのでは」と話した。

 冊子はA4判・24ページ。2月から転入者に配られるほか、区役所3階企画課窓口でも配布。また区ホームページにも掲載される予定。

宮前区版のローカルニュース最新6

区内NPOが「関東選抜」

マニフェスト大賞

区内NPOが「関東選抜」 社会

苦境店主の体と心ケアで

10月16日号

「中小企業支援」誓う

「中小企業支援」誓う 社会

川崎商議所が80周年

10月16日号

血管年齢など測定

福祉クラブ生協

血管年齢など測定 社会

24日に「健康チェック」

10月16日号

甘くて長〜いトンネル

甘くて長〜いトンネル 文化

金木犀ずらり

10月16日号

「いのちの電話」の現状とは

コロナ禍でニーズ拡大

「いのちの電話」の現状とは 社会

川崎センター 有田事務局長に聞く

10月16日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク