宮前区版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

ツリーで地域に繋がりを 宮前平周辺に無償配布

社会

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena
商店にツリーを配る子どもたち
商店にツリーを配る子どもたち

 区内宮前平周辺の商店や施設に木材でできた揃いのツリーが配られ、思い思いの装飾が街ゆく人の目を楽しませている。

 「キトマチ」と名付けられた同企画は廃材を使って作られたツリーを地元商店や施設に無料で配布し、地域の繋がりづくりのきっかけにしようと始動した。発案者は宮前平で花屋を営む加藤智之さんと高津区久本の株式会社エヌアセットの松田志暢さん。互いの地域で商店同士の繋がりが少ないことを共通課題としていた2人は、木材を扱う松田さんの実家・北海道の道南杉の廃材を利用した同企画を考えた。ツリーを作る機材を提供する中原区下新城の中原工房も企画に加わり、3つの地域で実施している。

 宮前区では子ども新聞クラブ「じもたんkids」の子どもたちが協力し、商店のほか、区役所や消防署、郵便局、保育園など計18カ所にツリーを配布。各所で自由に装飾されたツリーが飾られ、その様子はキトマチのFacebookページで随時紹介されている。

 11月末には企画趣旨を伝えに野本紀子区長を訪問。加藤さんは「まず今回は横の繋がりをつくり、来年以降、”街ゆく人”を巻き込んだ企画に発展させていきたい」とコメント。ツリーを手にした野本区長は「形として地域の繋がりが見えるのは嬉しい」と話した。
 

宮前区版のローカルニュース最新6

甘美なトンネル 今年も

県立東高根森林公園

甘美なトンネル 今年も 文化

キンモクセイが開花

9月17日号

秋のとんもり谷戸を歩く

秋のとんもり谷戸を歩く 文化

まちづくりウォーキング

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 社会

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook