宮前区版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

環境学習の成果を発表 子どもワークショップ

教育

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena
各校が独自のテーマで発表した
各校が独自のテーマで発表した

 川崎市内の小・中・高校生が環境をテーマとした学習結果を発表する「エネルギー・環境子どもワークショップin川崎2016」が2月13日、市立大戸小体育館(中原区)で開催された。

 市内の19の学校から約320人が参加。当日はブースごとに分かれて、各校が独自の研究成果を発表した。テーマは地球温暖化、多摩川の生態系・水質・周辺環境、残飯、米作りなどさまざまで、それぞれがスライドや表などを使って来場者に説明していった。

 児童、生徒の保護者をはじめ行政や団体の関係者らが多く訪れ、昔ながらの火おこし体験、クイズなどには多くの人だかりができていた。

 子どもたちや来場者の支持を、一番多く集めた学校に送られる川崎ぴんぽん大賞には、下作延小(高津区)が選ばれた。同校は『下作環境レンジャー〜ミッション!エネルギーの大切さを伝えよう〜』と題し、人類初のエネルギーである「火」についての研究成果を披露した。

 ワークショップの実行委員会では「子どもたちの発表が年々上手になっているのを感じる。きっとそれぞれの発表が刺激になっているのだと思う。お互いが高め合ってエネルギー・環境について学んでいければ」と話した。

宮前区版のローカルニュース最新6

消防出初式で決意新た

消防出初式で決意新た 社会

規模縮小、表彰と動画

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 社会

福田市長が新年の辞

1月14日号

看護職の将来設計考える

看護職の将来設計考える 社会

市協会、2月に座談会

1月14日号

新体制が始動

川崎青年会議所

新体制が始動 経済

1月14日号

気軽に体験、文化講座

気軽に体験、文化講座 文化

市民館で2月開講

1月14日号

加藤登紀子コンサート

【web限定記事】

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook