宮前区版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

130人が活躍誓う 心身障害者成人を祝う会

文化

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena
式典で名前が呼ばれている様子
式典で名前が呼ばれている様子

 障害のある人やその家族などが参加する心身障害者「成人を祝う会」が1月14日、川崎市民プラザで行われ、新成人130人が出席。家族や行政、施設、学校、企業などの関係者が新成人の門出を祝った。

 この会は平成元年から始まり、今回29回目。市内特別支援学校や心身障害児者親の会などで構成される実行員会が主催している。

 式典では出席者全員の名前が読み上げられ、地域活動支援センター夢屋(川崎区)が作るハンカチが記念品として贈呈された。

 上杉忠司実行委員長は多様性や自由を表す市のロゴマークを指しながら「皆さんは素晴らしい川崎市を作る主役のひとり。自信と優しい心を持って立派な社会人になってほしい」とエールを送った。

 成人代表で挨拶に立った小野美里さん(市立中央支援学校卒)は「しっかり仕事をしていくこと、幸せな家庭を築き、一人前の母親であり、女性になれるように頑張りたい」、神奈川工科大学へ通う塩寺菜津美さん(市立聾学校卒)「将来、私と同じ聴覚に障害をもつ人たちに少しでも役に立つアプリケーションを作りたい」と、夢を語り、成人として飛躍を誓った。

宮前区版のローカルニュース最新6

馬絹の花桃 市長に贈呈

JAセレサ川崎花卉(かき)部

馬絹の花桃 市長に贈呈 文化

3月5日号

リモートで実社会学ぶ

宮崎中3年生

リモートで実社会学ぶ 教育

森永乳業がオンライン授業

3月5日号

名前「たまずん」に

黄金ナマズ

名前「たまずん」に 社会

千件超の応募から選定

3月5日号

宮前区から9人受賞

宮前区から9人受賞 教育

青少年育成の功労者を表彰

3月5日号

歩いて宮前再発見

宮前区観光ガイドの会

歩いて宮前再発見 スポーツ

3月5日号

転入数が激減

川崎市人口動態

転入数が激減 社会

コロナで移住控え

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク