宮前区版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

プロバスケBリーグ 川崎 あす頂上決戦 A東京下し、栃木と激突

スポーツ

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 プロバスケットボール「Bリーグ」中地区の川崎ブレイブサンダースはあす5月27日、日本人初のNBAプレーヤー・田臥勇太選手(36)擁する栃木ブレックスと初代王者を懸け、チャンピオンシップ決勝を戦う。

 リーグ誕生の昨年9月以降、今季60試合を終え、1部3地区の上位8チームによるトーナメント形式のプレーオフ「チャンピオンシップ」が、今月13日に開幕。全18チーム中、今季勝率1位でプレーオフに進んだ川崎は、準々決勝でサンロッカーズ渋谷を2連勝で下して準決勝へ。本拠地とどろきアリーナに宿敵のアルバルク東京を迎え、19日は一時リードを許すも84―76で競り勝った。

 激しい接戦になった20日の第2戦は、77―78で惜敗。1勝1敗となり、前後半5分ずつの特別ルールで同日行われた第3戦は、劣勢から残り3分で逆転した川崎が攻守で流れをつかみ、26―18で試合終了。4600人を超す大観衆の前で激戦を制し、決勝進出を決めた。

 第1戦で3点シュート3本を含む、チーム最多の23得点を挙げた篠山竜青主将(28)は「チームとしては出だしで固くなってミスが続いたが、最後まで集中してプレーできた」と強調。決勝に向け、「一発勝負なのでいい準備をして、いい環境でやれることを楽しみたい」と意気込みを語った。

 とどろきアリーナでの試合を振り返り、「(Bリーグ誕生前の)NBL時代と比べて、会場の雰囲気が変わってお客さんも増えたので、本当にありがたい。川崎市民やファンの皆さんに愛されるチームになるように、全体で成長していけたら」と充実感をにじませた。

 決勝は1戦決着方式。国立代々木競技場第一体育館で午後3時10分試合開始。

宮前区版のローカルニュース最新6

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

ウイルス対策について 「個室あります」

ウイルス対策について 「個室あります」 社会

取材協力/神奈川ひまわりクリニック

3月27日号

南武線にトーマス合体

南武線にトーマス合体 社会

英国キャンプをPR

3月27日号

「働く人事典」を発行

じもたんキッズ

「働く人事典」を発行 文化

小学生記者が取材

3月27日号

斜面点検「危険なし」

マスク34万枚を配布

川崎市

マスク34万枚を配布 社会

医療機関、児童施設などへ

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク