宮前区版 掲載号:2018年9月28日号 エリアトップへ

野川中吹奏楽部 東関東大会で初演奏披露 気持ち込め「らしさ」発揮

文化

掲載号:2018年9月28日号

  • LINE
  • hatena
東関東コンクールで演奏する野川中吹奏楽部
東関東コンクールで演奏する野川中吹奏楽部

 川崎市立野川中学校(森島烈校長)の吹奏楽部が、9月9日に千葉県文化会館で開催された第24回東関東吹奏楽コンクール中学校の部A部門(50人以内編成)に出場。初の東関東大会での演奏となったが、堂々たる合奏を披露。銅賞を獲得した。

 野川中吹奏楽部は、8年前に現顧問の白井勧也教諭が就任。すぐに市の大会で金賞を獲得し今年で8年連続受賞している。さらに県大会でも一昨年から2年連続で金賞に輝いていたが、東関東への代表には選出されず悔しい思いをしていた。

 そこで今年同教諭は、これまでの「基礎の音ができてから合わせる」という指導法を、「それぞれの音ができていない段階でも合わせる」というスタイルに変更。「最初はとにかくひどかったですが、徐々にまとまり、これまで以上の音が奏でられるようになった」(白井教諭)という。結果、県大会3年連続金賞受賞と同時に初の東関東大会切符を手にした。

 同大会での演奏を終え部長の鈴木萌那さん(3年)は「現メンバーは当初、歴代と比べてもまとまりがなく、技術も劣っていました。でも全国大会出場を目標に掲げて、みんなで支えあって強い心で厳しい練習を乗り越えて、最後はまとまった演奏ができました。悔いはありません」と笑顔。白井教諭も「野川中の魅力である気持ちのこもった演奏が伝わってきました」と満足気に話す。

地元で引っ張りだこ

 同吹奏楽部の実力は、地元では知られており、イベントやお祭り、施設慰問などに引っ張りだこだ。放課後や土日など1カ月に10カ所以上の演奏予定がビッシリ。「祭りで演奏を聴いてファンになり、毎年楽しみ」という町内会の人や「わざわざ来てくれて素晴らしい演奏を聞かせてくれ、本当にありがたい」という高齢者施設の人の声も。

 アイドル並みの忙しさにも鈴木さんは、「コンクールよりもお客さんの前で演奏する方が、楽しいしやりがいも感じます。地域の方々にもっともっと喜んでもらいたい」と話していた。

宮前区版のローカルニュース最新6

台風支援 市に112万円

バスケB1・川崎BT

台風支援 市に112万円 スポーツ

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

市民227人、一時活動休止

英国事前キャンプ

市民227人、一時活動休止 スポーツ

市、五輪延期受け

4月3日号

地元アーティストが共演

地元アーティストが共演 文化

5月、アリーノコンサート

4月3日号

献血に57人が協力

川崎富士見ライオンズクラブ

献血に57人が協力 社会

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク