宮前区版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

「里親の役割知って」 当事者が体験語る

社会

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena
養育里親の話に聞き入る参加者ら
養育里親の話に聞き入る参加者ら

 保護者のさまざまな事情により家庭で生活できない子どもたちを自分の家庭に迎え入れて養育する「里親制度」について学ぶ説明会が10月20日、宮前区の川崎愛児園で行われた。川崎市と市から里親支援事業を受託するNPO法人キーアセットが主催した。

 説明会には、実際に養育里親を務める2人が講話。幼いころに満足に食事を与えられず、里親家庭に来た当初は食事をかきこんでいた子が少しずつ食事を楽しんで食べてくれるようになったエピソードなどが語られた。

 養育里親として20年以上で19人の子どもを育ててきた高橋さんは、「まずは衣食住を満たしてあげることが大事。『ありがとう』と言われるのに一年かかったこともある。でも、同じ家で暮らせば“縁”が生まれる。独立してからも社会で頑張っている子どもたちの話を聞くのが何よりの楽しみです」と笑顔で語った。

 キーアセットの担当者は「今後も説明会などを通じて多くの方に里親制度に関心をもってもらえたら」と話した。

 川崎市によると、市内には家庭で暮らせない子どもたちが約350人いて、その約8割が施設で生活している。市は、そのような子どもたちが家庭と同様の環境で成長できるよう里親制度を推進している。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

最優秀賞(高学年)に中俣さん

市バス絵画コンクール

最優秀賞(高学年)に中俣さん 教育

入賞作品12月9日から公開

11月27日号

表紙イラスト募集

「宮前の働く人事典」

表紙イラスト募集 教育

11月27日号

宮前平にも再開発の波

宮前平にも再開発の波 経済

「医療のまち」誕生か

11月27日号

茶・花供え、活動を奉告

茶・花供え、活動を奉告 文化

市茶華道協会 稲毛神社で

11月27日号

吉田兄弟が20周年公演

吉田兄弟が20周年公演 文化

県立音楽堂で12月6日

11月27日号

幸福の木、18年目で初開花

幸福の木、18年目で初開花 社会

子の神福祉会 富士見プラザで

11月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月27日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク