宮前区版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

特別インタビュー 「ラグビーW杯を楽しもう」 県組織委員長、康乗(やすのり)氏語る

スポーツ

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena
康乗克之委員長
康乗克之委員長

 いよいよ今年開幕するラグビーワールドカップ(RWC)2019。市内でも横浜国際総合競技場で決勝戦を含む7試合が実施される。そこで神奈川県ラグビー協会・RWC2019委員会の康乗克之委員長に試合観戦のポイントを聞いた。

 ラグビーの一番の魅力は全力での体と体のぶつけ合い。その衝撃音はスタンドにも届くという。そんな激しい試合において、大柄な外国人選手にも負けない日本代表の強みが「スピード」。中でもタックルで倒れても地面から跳ね返ってきたかのように素早く立ちあがりプレーする姿はまるで「おきあがりこぼし」。日本チームの切り替えの速さに要注目だ。

 世界の強豪国が集結するW杯。中でも注目のチームは、現在世界最強の呼び声高いニュージーランド代表。プレーはさることながら試合前に披露する民族舞踊「ハカ」の迫力は必見だ。「ニュージーランド戦は、必ず試合開始15分前には座席に。ハカを見ないと楽しさ半減です」と笑顔を見せた。

 ラグビーW杯は、五輪・サッカーW杯と並ぶ世界3大スポーツイベント。しかしアジアで開催されるのは今大会が初めてという。また横浜はラグビーとの縁が深く、日本国内で初めて試合が行われたのは横浜と言われている。「身近で歴史的な大会が行われるので、ぜひ会場に足を運んでもらいたい」と力を込めた。

 また「今大会をゴールではなく、競技の魅力を国内に広めるスタートにしたい」と強い決意を見せ、「細かいルールを知らなくても、国を背負って戦う選手たちの熱意、スタンドの熱気で盛り上がれる。ぜひラグビーの楽しさを体感しにきてほしい」と熱く語った。

宮前区版のローカルニュース最新6

「今の時代こそ、もっとラジオを」

FMヨコハマ DJ植松哲平さん

「今の時代こそ、もっとラジオを」 文化

夕方の人気番組「Tresen」3年目に

5月17日号

ベトナム児童に水泳指導

サギヌマスイミングC

ベトナム児童に水泳指導 スポーツ

水難事故から命守れ

5月17日号

市内待機児童14人

市内待機児童14人 社会

保留児童は依然2772人

5月17日号

看護の仕事、知る機会に

看護の仕事、知る機会に 社会

25日、川崎アゼリア

5月17日号

昔遊びの達人など募集

昔遊びの達人など募集 文化

市民館で夏のイベント

5月17日号

子育て交流会参加者募集

金融機関職員に感謝状

宮前警察署

金融機関職員に感謝状 社会

振り込め詐欺未然に防止

5月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク