宮前区版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

川崎市 救急出動 10年連続増加 来春、新たに1隊増へ

社会

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市内の救急車の出動件数が、2018年は過去最多の7万2854件(前年比3536件増)となり、10年連続で増加した。高齢化や人口増に加えて、厳しい猛暑も影響したとみられる。市消防局では医療機関への搬送時間短縮などに向けて、来年から救急隊を1隊増やす予定だ。

 昨年1年間の救急車の出動件数は1日平均約200件で、特に7月は猛暑の影響で1日平均310件と過去最多を記録した。市消防局は今後も増加傾向が続くと見ており、対策を行っている。

 その主な取り組みが救急隊の増設。2008年は24隊だったが、2018年には28隊に。さらに2020年4月には、宿河原に1隊増設される予定だ。これにより、救急要請を受けてから現場到着までの平均時間は、2016年は8・4分、2017年は8・3分と横ばいで推移しており、出動件数増加が見込まれる今後も維持していきたい考えだ。市消防局の担当者は「2018年の現場当到着時間も大きな変動はないと思われる。市内の救急病院の尽力もあって受け入れ態勢がより円滑になっていることも功を奏している」と話す。

適正利用へ対策も

 一方で、昨年救急出動しながら医療機関に搬送されなかったケースは、全体の1割にあたる約9000件。例えば「酔っぱらっていただけにも関わらず、周りの人が心配して救急車を呼んでしまった」などのケースが挙げられる。

 市では救急車を呼ぶ判断の一助として、市のホームページで「川崎市救急受診ガイド」を提供。症状に応じて提示されるチェック項目に回答すると緊急度が分かる。消防局の担当者は「救急車を呼ぶべきか自ら医療機関を受診すべきか迷ったら、ぜひ利用を」と呼びかけている。

 さらに今後は、横浜市で数年前から導入されている救急相談センター「#7119」の導入も模索中。同システムは電話で看護師が応対し、症状に基づいて緊急性や医療機関受診の必要性をアドバイス。救急車が必要な場合は、そのまま出動の流れとなる。市健康福祉局の担当者は「適切に利用することで、出動件数の軽減が見込める」と話す。

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

歩道にベンチ設置

鷺沼町会

歩道にベンチ設置 社会

土橋南公園バス停横に

1月21日号

「組織基盤強化を」

北法人会

「組織基盤強化を」 経済

賀詞交歓会で団結

1月21日号

大幅改善も厳しい状況

中小企業景況感

大幅改善も厳しい状況 経済

川信調査、前期比15・6P増

1月21日号

交差点に横断旗

野川台

交差点に横断旗 社会

自治会が注意喚起で

1月21日号

「春よ来い 早く来い!!」が大賞

区写真コンテスト

「春よ来い 早く来い!!」が大賞 文化

平のシェア畑 白井さんの作品

1月21日号

人気落語家の慈善寄席

人気落語家の慈善寄席 文化

川崎いのちの電話

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十五回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【7】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月21日号

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十四回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【6】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月14日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook