宮前区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

おもちゃ病院 診察中 子どもの笑顔が原動力

教育

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
”退院”したぬいぐるみを手に喜ぶ親子
”退院”したぬいぐるみを手に喜ぶ親子

 「次の方どうぞー。今日はどうされました?」11月9日に地域子育て支援センターすがおなどで行われた「すがお手つなぎまつり」での一コマ。菅生分館では、「フレンドおもちゃ病院」が”開院”されていた。

 「菅生おもちゃドクターの会」(末松俊造代表/10人)は2015年に設立された。日本おもちゃ病院協会の講座の受講者や、ベテランおもちゃドクターに師事した人などさまざまなおもちゃドクターがいる。電子部品の研究開発に携わる人や元教員、事務職、学生など10代から70代の市民が、ボランティアで”診察”にあたっている。

モノを大事にしてほしい

 「子どもの『なぜ・どうして』を大切にしたい」との思いから、対面で治療にあたる。時には子どもと一緒にドライバーを回すこともあるそう。面前で直せないものは”入院”。おもちゃドクターが家に持ち帰って修理する。1回の開院で対応するのは15から20件ほど。

 今まで約1000のおもちゃを”治療”してきた。「壊れたら買い替えるのが主流だけれど、愛着のあるものは子どもにとってとても大事。モノを大事にする気持ちを大切にしてほしい」と末松代表。単純にモノをいじる事、直す事が好きだが、おもちゃドクターらは口々に「原動力は直った時の子どもの笑顔」だと答えた。

 おもちゃ病院は偶数月の第4日曜日は宮前市民館(【電話】044・888・3911)、奇数月の第2日曜日に菅生分館(【電話】︎044・977・4781)で開催している。
 

幅広い年齢層のドクターが在籍
幅広い年齢層のドクターが在籍

宮前区版のローカルニュース最新6

手芸品などウェブ販売

青少年団体ミニカワサキ

手芸品などウェブ販売 社会

社会の仕組み学ぶ一環

12月4日号

共生社会を考える

【Web限定記事】 県主催

共生社会を考える 社会

13日にオンラインフォーラム

12月4日号

啓発活動ブレーキに危機感

人権擁護週間12月4日〜10日

啓発活動ブレーキに危機感 社会

12月4日号

記念式典で感謝状

宮前平小40周年

記念式典で感謝状 社会

4団体・22人に

12月4日号

「いっとき集合場所」確認

「いっとき集合場所」確認 社会

馬絹町内会で防災訓練

12月4日号

JAセレサが優勝

区長杯軟式野球

JAセレサが優勝 スポーツ

6回目 越年の大会制す

12月4日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月27日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク