宮前区版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

おもちゃ病院 診察中 子どもの笑顔が原動力

教育

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
”退院”したぬいぐるみを手に喜ぶ親子
”退院”したぬいぐるみを手に喜ぶ親子

 「次の方どうぞー。今日はどうされました?」11月9日に地域子育て支援センターすがおなどで行われた「すがお手つなぎまつり」での一コマ。菅生分館では、「フレンドおもちゃ病院」が”開院”されていた。

 「菅生おもちゃドクターの会」(末松俊造代表/10人)は2015年に設立された。日本おもちゃ病院協会の講座の受講者や、ベテランおもちゃドクターに師事した人などさまざまなおもちゃドクターがいる。電子部品の研究開発に携わる人や元教員、事務職、学生など10代から70代の市民が、ボランティアで”診察”にあたっている。

モノを大事にしてほしい

 「子どもの『なぜ・どうして』を大切にしたい」との思いから、対面で治療にあたる。時には子どもと一緒にドライバーを回すこともあるそう。面前で直せないものは”入院”。おもちゃドクターが家に持ち帰って修理する。1回の開院で対応するのは15から20件ほど。

 今まで約1000のおもちゃを”治療”してきた。「壊れたら買い替えるのが主流だけれど、愛着のあるものは子どもにとってとても大事。モノを大事にする気持ちを大切にしてほしい」と末松代表。単純にモノをいじる事、直す事が好きだが、おもちゃドクターらは口々に「原動力は直った時の子どもの笑顔」だと答えた。

 おもちゃ病院は偶数月の第4日曜日は宮前市民館(【電話】044・888・3911)、奇数月の第2日曜日に菅生分館(【電話】︎044・977・4781)で開催している。
 

幅広い年齢層のドクターが在籍
幅広い年齢層のドクターが在籍

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

子どもの近視、進行を抑制するには?

子どもの近視、進行を抑制するには? 社会

取材協力/ひまわり眼科

12月13日号

ペット同行避難に課題

台風19号

ペット同行避難に課題 社会

宮前区 情報錯綜し混乱

12月13日号

振り込め詐欺の防ぎ方

保存版 あなたのお金が狙われている!

振り込め詐欺の防ぎ方 社会

12月13日号

北高生 「健康な食」考える

北高生 「健康な食」考える 教育

栄養士らが授業

12月13日号

サンタも登場

サンタも登場 文化

区役所でクリスマス会

12月13日号

市長に善戦を報告

パークゴルフ

市長に善戦を報告 スポーツ

ねんりんピック選手ら

12月13日号

教会でクリスマス

教会でクリスマス 文化

22日、コンサート

12月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク