宮前区版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

ファイル7 疫病祓(はら)え 庚申塔(こうしんとう)

文化

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena

 少しでもコロナウイルスの早い収束を願うばかりの、エージェントTだ。”おうち時間”を満喫する中、気になる情報をキャッチ。区内に270年も昔、疫病を祓うために祀(まつ)った庚申塔があると聞いて、調査した。

 庚申塔とは、民間信仰に基づく石塔で、古くは庚申の日に徹夜して健康長寿を願っていた。

 その庚申塔は『猿田彦神社 平台庚申』として馬絹1丁目にあった。庚申様と観音様が祀られ、脇には由来記が。「二百七十年の昔、村に悪疫が流行し非常に苦しんだ」と記されている。建立されたのは平成元年、約300年前ということはペストが世界的に流行していた頃だろうか。

 碑を建立した平台睦会の田邉光治会長に話を聞くと「ここら辺は辺り一面田んぼだったと聞いている。庚申様を祀っているのがちょうど村(橘郡宮前村馬絹字平台)の入口。お祀りすることで病魔の侵入を防いで退散を祈願したらしい」。

 栃木県庚申山の猿田彦神社が大元らしく、昨年の平台庚申建立300年の折に、同会で参拝してきたという。同会では12月の庚申の日に例大祭を行っている。

 碑の最後には「発展と家々の幸福をご守護くださいますよう…」と、住民の願いが記されていた。コロナ収束を祈願し、参拝してみるのも良いかもしれない。

宮前区版のローカルニュース最新6

高齢者の介護や生活に関する展示

【Web限定記事】宮前市民館

高齢者の介護や生活に関する展示 社会

緊急事態宣言でミニ相談会は中止に

1月22日号

スギは例年並み、ヒノキは少ない

【Web限定記事】 花粉飛散量

スギは例年並み、ヒノキは少ない 社会

県調査で予測

1月22日号

馬絹神社でどんど焼き

馬絹神社でどんど焼き 文化

無病息災願い

1月22日号

自治消防今もなお

自治消防今もなお 文化

馬絹地区で出初式

1月22日号

地域をつなぐ祝い箸

「ご近助マスク」第2弾25日から

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク