宮前区版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

新型コロナウイルスと地域医療 宮前区医師会会長 鎌田正広氏が語る

社会

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena

 昨年はまさに新型コロナ感染症一色の年でした。日本だけではなく、世界中で衝撃的な映像が流れました。当初は症状があってもなかなか検査(PCR検査、抗原検査)に辿り着けず、また病院での治療も暗中模索の状態でした。皆様も不安な一年を過ごされたと思います。

 現在ではまだ特効薬こそ開発されていませんが、抗凝固療法やステロイドなど重症化を予防する各種の治療、重症化した場合のECMO(エクモ)など、この病気と闘う手段を得つつあります。我々川崎市医師会も診療所からの要請でPCR検査を行う集合検査場を市内3カ所に設置、また開業医では発熱など感冒症状のある患者に対して日常での診療を継続して行っています。また多くの医療機関が休みで医療体制が脆弱となる年末年始に宮前区休日急患診療所において新型コロナウイルスに対しての迅速抗原検査を含む診療を行いました。今後も少しでも市民の皆様の健康を守れるように努力して参ります。

 そろそろ自粛生活に疲れてきた頃とは思いますが、ワクチンなど期待できる予防法もようやく視野に入ってきました。どうかそれまではマスクや手洗い、密を避けるなどこれまで通り予防に努めて下さい。

宮前区版のローカルニュース最新6

世界遺産の魅力に迫る

世界遺産の魅力に迫る 教育

アリーノで講座受付中

2月26日号

「ラブみやまえ」あす本番

「ラブみやまえ」あす本番 文化

13回目は初のオンラインで

2月26日号

「コロナだからこそできることを」

ラブみやまえインタビュー

「コロナだからこそできることを」 文化

松本実行委員長が抱負を語る

2月26日号

エコバッグ作りませんか

自治会オリジナル

エコバッグ作りませんか 文化

2月26日号

近づく春の足音

平瀬川の河津桜

近づく春の足音 文化

2月26日号

各区に実験拡大

市シェアサイクル

各区に実験拡大 社会

宮前は鷺沼・宮前平駅周辺

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク