宮前区版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

コロナワクチン接種 福田市長「丁寧に進行」

社会

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena
取材に応じる福田市長
取材に応じる福田市長

 川崎市と厚生労働省は1月27日、新型コロナウイルスのワクチン集団接種を想定した訓練を全国に先がけ、幸区で実施。市内の運用に向け、福田紀彦市長は「緻密に、丁寧に進めていきたい」との考えを示した。

 福田市長は「全国的にワクチンへの期待が高まっており、スピード感が求められるが、先走らず、確実・安全に」と提言。「実情に合わせた正しい情報発信を国に要望する」とした。

 訓練会場は市立看護短期大学の体育館。標準的な体育館で1日約300人に接種できることを確認し、予診時には健康に関する相談などで時間がかかるという課題も浮き彫りになった。福田市長は予診情報をはじめ、被接種者に対する事前確認の重要性を強調した。

運用方法に課題

 ワクチン接種の方法について、市は集団接種のほか個別や巡回などあらゆる手段を検討。担い手不足だけでなく、国からの情報に不確定要素が多いなど運用開始への課題は多い。

 川崎市医師会の岡野敏明会長は「個別接種を診療所で行う場合、一般の患者に対応しながら接種の予約を個々に受けなければならない。接種後は経過観察の時間が15分以上定められ、待合室の場所や相談スタッフも必要」とし、受け入れはハードルが高いとしている。「副反応など不測の事態も考えると、進行が滞り、予約どおりに接種を行うのは困難」とも。「被接種者は不安を抱えている上、医師たちも経験したことのない未知数のワクチンのため、慎重にならざるを得ない」との見解を示している。

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

果敢に挑戦 仲間と共に

果敢に挑戦 仲間と共に 社会

川崎宮前ロータリークラブ 村野正明 会長(57)

7月1日号

楽しみ、次代へつなぐ

楽しみ、次代へつなぐ 経済

川崎鷺沼ロータリークラブ 青木克眞 会長(74)

7月1日号

「真心」で一歩先へ

「真心」で一歩先へ 社会

川崎富士見ライオンズクラブ 目代健次 会長(69)

7月1日号

長崎被爆者と若者対談

長崎被爆者と若者対談 社会

7月23日、市民館で

7月1日号

新年度役員が決定

区内奉仕団体

新年度役員が決定 社会

7月から新体制

7月1日号

「3冠」 主将としてけん引

県高校総体バドミントン

「3冠」 主将としてけん引 スポーツ

宮前平中出身 佐藤さん

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook