宮前区版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

川崎市 はんこ廃止、4月から オンライン化推進で

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は4月から、市民が市へ提出する書類に必要な押印を原則廃止した。行政手続きのオンライン化を進めるためで、押印が必要だった申請書など4508件のうち、3928件で廃止。「市民税・県民税申告書」や「児童手当・特例給付現況届」、各種「がん検診申込書・記録票」などが対象となる。押印に代わり署名が必要な書類もあるが、従来に比べて手続きの負担が軽減される。

 引き続き押印が必要な書類は580件。婚姻届や死亡届、出生届など、国や県の法令・条例などで義務付けられているものや契約書、入札書、請求書などは廃止対象外となっている。

 押印廃止については国でも見直しが進められている。市担当者によると、大量生産されている既製品の「三文判」による認印も多く、川崎市としては「事実証明の度合いとしては低く、認められないため必要ないのでは」という結論に至ったという。

宮前区版のローカルニュース最新6

スポーツガイド冊子発行

宮前区

スポーツガイド冊子発行 スポーツ

サッカー三笘選手も登場

4月9日号

不妊・不育の無料相談

不妊・不育の無料相談 社会

毎月1回、中原区で

4月9日号

春のボーイスカウト体験

春のボーイスカウト体験 教育

11日に鷺沼公園で

4月9日号

今年も映像配信を実施

サマーミューザ

今年も映像配信を実施 文化

7月22日から20公演

4月9日号

災害時に入浴支援

浴場組合

災害時に入浴支援 社会

市と協定締結

4月9日号

川崎市議会 所属委員会決まる

川崎市議会 所属委員会決まる 社会

任期1年、議案など審議

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク