宮前区版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

多様な交流の場に 菅生ヶ丘で子ども食堂

コミュニティ文化

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena
参加者とスタッフら
参加者とスタッフら

 菅生ヶ丘で障害者支援を行うエリー株式会社(小林貴大代表取締役)=人物風土記で紹介=が10月21日、子ども食堂を開始した。

 小林さんが運営する「エリーズ・カフェ」(菅生ヶ丘23の6)では、障害者の日中一時預かりや相談など支援に取り組む。傍ら、不定期で喫茶店営業を行ってきた。小林さんは障害者が多くの人との交流を望んでいる思いを知り、同所を「障害のある人や地域の人、子どもたちも一緒に過ごせる楽しい場所にしたい」と子ども食堂を企画した。

 開始日には、近隣に住む子どもら約60人が来場した。同所での活動をサポートする田園調布学園大学(麻生区)の学生らがカレーを準備。食事をしながら交流を深めた。

 小林さんは「貧困や孤食の問題もあるが、父母の負担軽減や多様な交流の場所になれば。多くの人たちに来てほしい」と期待する。子ども食堂は毎月第3木曜日に同所で行われる予定。

宮前区版のローカルニュース最新6

宮崎第4公園でバザー

宮崎第4公園でバザー 社会

「おさがりで」交流づくり

5月27日号

心のケアの企画展示

宮前図書館

心のケアの企画展示 社会

有名芸人訃報受け

5月27日号

宮前平二葉SCが初優勝

サッカー宮前区長杯

宮前平二葉SCが初優勝 スポーツ

中央大会へ

5月27日号

3年ぶり さぎ沼まつり

3年ぶり さぎ沼まつり 文化

フェスとバル

5月27日号

昔話に花咲かせ

昔話に花咲かせ 社会

若年性認知症本人の集い

5月27日号

中学給食 献立募る

川崎市

中学給食 献立募る 教育

初の生徒投票も      

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook