川崎区・幸区版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

市政リポート 子どものむし歯予防へ小中学校にフッ化物洗口の導入を㊤ 川崎市議会議員 野田まさゆき 自民党

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena

1970年スタート全国に急速に普及

 12月議会では、川崎市内の市立小中学校における「フッ化物洗口」の導入について、質問に立ちました。

 フッ化物洗口は、むし歯予防に効果のある適正濃度のフッ素の水溶液でブクブクうがいをする方法です。昭和45年に新潟県弥彦村の小学校で初めて開始。その後、洗口を実施している学校に通う児童生徒のむし歯(う蝕)予防に顕著な効果を示していることから歯科保健施策の一環として普及されてきました。平成15年には厚生労働省がフッ化物洗口のガイドラインを作成し、普及が加速しています。

 川崎市では保育所や幼稚園で希望する施設への支援を行い、保育所では歯磨き指導の一環としてフッ化物洗口の励行を進めています。

88%の保護者小中での実施望む

 昨年9月の代表質問で健康福祉局長が「永久歯の奥歯が生える頃から開始し、長期間継続することにより、確実な予防効果が得られる」と答弁。そうであるなら、小中学校での実施も重要であるはずです。川崎市歯科医師会では平成24年から26年にかけて、実施保育所23施設に通わせている保護者を対象にアンケートを実施したところ88%の保護者が小中学校での実施を希望していると回答しています。しかしながら、市は各校における給食後の歯磨きの実態すら全く把握していないといいます。

 京都市では10年前から市内全市立小学校でフッ化物洗口の実施に取り組んでいます。教育委員会に歯科衛生士を常勤させるほどの徹底ぶりです。政令市で一番出生率が高い川崎市であるからこそ、小中学校での実施を考えるべきです。

野田雅之

川崎市議会議員 野田雅之 自民党

TEL:044-271-7788
FAX:044-271-5566

http://noda.co

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

未来のために、今を活かす

意見広告

未来のために、今を活かす

国民民主党神奈川県第10区総支部長 鈴木あつし

10月15日号

安心していつまでも住み続けられる川崎市へ

市政報告

安心していつまでも住み続けられる川崎市へ

 日本共産党川崎市議団 後藤まさみ

10月15日号

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

意見広告

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

日本共産党 前衆議院議員 はたの君枝

10月15日号

保育園・学校―真剣なコロナ対策を

市政報告

保育園・学校―真剣なコロナ対策を

日本共産党川崎市議団 片柳すすむ

10月15日号

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

市政報告

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

公明党川崎市議会議員団 浜田まさとし

10月15日号

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

市政報告

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

日本共産党川崎市議団 渡辺学

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook