川崎区・幸区版 掲載号:2019年2月15日号
  • LINE
  • hatena

県政報告 国民病!アレルギー対策を推進 県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

 2月に入り、悩ましい花粉の季節が近づいてきました。今年のスギ花粉飛散量は例年より多いと予測されており、花粉症の方には早めの対策をお勧めします。

 花粉症をはじめとするアレルギー疾患。近年、患者数が増加しており、国民の2人に1人が何らかのアレルギーに苦しんでいるといわれています。代表的なものとしては、「花粉症」「ぜん息」「アトピー性皮膚炎」「食物アレルギー」などが知られていますが、なかには急激に症状が悪化したり、重症化して死に至るケースもあります。

国と地方の連携で法整備

 私は、初当選以来、国民病ともいえるアレルギー対策の充実を繰り返し訴えてまいりました。

県内の学校や幼稚園、保育園等に「食物アレルギー緊急時対応マニュアル」を配布し、エピペン(緊急時に処方する自己注射)練習用トレーナーの貸し出しを行うなど、教員への研修も充実させることができました。一方で、なかなか進捗しない成人のアレルギー対策を実現させるべく、公明党のネットワークを活かして、国会でも審議を進めていただいた結果、「アレルギー疾患対策基本法」が成立しました。

神奈川県アレルギー診療拠点病院を指定

 法施行を受けて、平成29年、私は厚生常任委員長として『神奈川県アレルギー疾患対策推進計画』の策定に携わり、【1】アレルギー疾患の発症や重症化の予防【2】症状の軽減のための生活環境の改善【3】医療提供体制の整備【4】適切な情報の発信などを盛り込みました。そして昨年10月には、診療の拠点となる「アレルギー診療拠点病院」を指定しました。指定されたのは、県立こども医療センター(【電話】045・711・2351)と、横浜市立みなと赤十字病院(【電話】045・628・6100)の2カ所の病院です。

 今後は、アレルギー疾患の患者が、県内どこでも適切な医療を受けられるよう、拠点病院と地域の診療所や一般病院が連携し、医療提供体制の充実を進めてまいります。

西村くにこ

横浜市中区日本大通り1番地

TEL:045-210-7630

http://xn--y8ji5e5170a8y9a.com/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6件

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動物とふれあう春の1日

3月24日

動物とふれあう春の1日

夢見ヶ崎動物公園

3月24日~3月24日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク