川崎区・幸区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

フィリピン大学生奮闘中 外国人介護人材を活用

社会

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
アンさん(左)とステファニーさん
アンさん(左)とステファニーさん

 川崎区本町の社会福祉法人母子育成会の「高齢者福祉施設しおん」でフィリピンの大学生2人がインターンシップで働いている。川崎市が実施する「川崎市外国人介護人材雇用支援事業」の一環で、第1期生となる。

 同施設で働くのはデ・ペラルタ・ステファニーさん(21)とレモーリン・メリー・アンさん(35)。ふたりはフィリピン・バギオ大学4年生の看護学生で、インターンシップの期間は10月15日から来年1月14日までの3カ月間。

 ステファニーさんはもともと日本の文化、テクノロジーに興味があり、大学で学んだ看護の知識もいかせると考え、インターンシップに応募したという。まだ働き始めて間もないこともあり、今は先輩スタッフについて、サポートをする日々だ。「自分のおばあさんにできないことを利用者さんにケアできることが面白い」とやりがいを語る。

 今回はインターンシップのため、3か月後にはいったん帰国するが、来年5月に大学を卒業し、日本語能力試験N4に合格すれば、9月には技能実習生として再び日本で働くことが出来る。

 アンさんは「まず卒業して、日本語もしっかり勉強して、日本で働きたい」と意気込んだ。

 同施設の土田瑞穂次長は「2人とも一生懸命で学ぼうという熱意がすごい。このまま頑張ればいい介護士になると思う」と期待を寄せる。

深刻な介護人材不足

 川崎市健康福祉局長寿社会部高齢者事業推進課によると、団塊の世代が後期高齢者になる2025年に、川崎市は3万6712人の介護人材不足になる試算だという。

 入管法改正で在留資格「介護」が創設され、外国人の受け入れが可能となった。市は介護に興味のある外国人学生、人材不足から外国人受け入れを希望する介護事業者、それぞれの支援につながるインターンシップを今後も進める方針だ。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

2年遅れ、事業費59億増

京急大師線立体交差

2年遅れ、事業費59億増 社会

地盤強度不足、追加工事で

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

万年筆絵 描き続け10年

幸区在住小林さん

万年筆絵 描き続け10年 社会

A6ノートに1200点

4月30日号

川崎大空襲の記憶刻んで

さいわい歴史の会

川崎大空襲の記憶刻んで 社会

延命寺で慰霊の会

4月23日号

福祉プラザに活動拠点

幸区保護司会

福祉プラザに活動拠点 社会

面談や情報共有の場に

4月23日号

地域つなぐ種まきに

東田公園

地域つなぐ種まきに コミュニティ社会

ヒマワリと紙芝居コラボ

4月16日号

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter