川崎区・幸区版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

県政報告 赤ちゃんを切望する気持ちに寄り添う 県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena

 公明党は1998年の基本政策大綱に不妊治療の保険適用を掲げて以来、20年余りにわたり取組んでまいりました。国は令和4年度の保険適用を目指し、それまでの間は、現行の助成措置を大幅に拡充するとしています。そのなかには「不育症」についての助成も盛り込まれています。

 2011年12月、わたくし西村くにこは初めての議会質問で「不育症」を取り上げました。知事からは、「検査、治療ができる医療機関の情報を提供するとともに、相談窓口を設置する」との答弁があり、それが現在の神奈川県不妊・不育専門相談センターにつながっています。

不育症をご存知ですか?

 それから10年が経過しましたが、不育症はまだまだ一般的には知られていません。妊娠はしても、流産、死産や早期新生児死亡を繰り返して、つらい思いをしている不育症の方は、妊娠を望むカップルの約5%。ちなみに医学的には「原因が判明し、適切な検査や管理ができれば85%が出産に至る」(杉浦真弓 不育症学会理事長)ということです。しかし、検査費用は高額で、公的医療保険が不適用なケースもあり、患者会のアンケートでは、平均して10万円ほどの個人負担が必要との事でした。

検査費用の助成が実現!

 国は、保険適用外の不育症検査に対し最大5万円の助成事業を実施することで、治療につながる人を増やそうと考えています。私は県に対し、【1】検査費助成の制度化と周知の徹底【2】専門の医療機関情報の提供【3】治療費の助成についての検討を求めました。併せて、流産・死産の悲しみや、治療がうまくいかなかったときの喪失感を抱える不妊症・不育症の患者さんを心理面で支える「グリーフケア」の充実、また、<里親制度><養子縁組>といった選択肢についても当事者の方に分かりやすく丁寧に伝わるような取り組みの必要性を訴えました。

【こちらの質疑は3月25日(木)18時20分〜tvk地上波デジタル放送3chでで放送予定】

西村くにこ

横浜市中区日本大通り1番地

TEL:045-210-7630

https://xn--y8ji5e5170a8y9a.com/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

運転免許「高齢者講習」の待機日数短縮を!

県政報告

運転免許「高齢者講習」の待機日数短縮を!

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

11月26日号

決算議会にて、京急川崎駅周辺再開発事業について質問!

市政報告

決算議会にて、京急川崎駅周辺再開発事業について質問!

川崎市議会議員 本間 賢次郎

11月5日号

コロナ収束後の市立病院経営健全化に向けて!

市政報告

コロナ収束後の市立病院経営健全化に向けて!

みらい川崎市議団 たむら 京三

10月29日号

「リトルベビーハンドブック」作成へ!

小さな赤ちゃんのための母子手帳 県政報告

「リトルベビーハンドブック」作成へ!

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

10月22日号

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

市政報告

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

公明党川崎市議会議員団 浜田まさとし

10月15日号

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

市政報告

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

日本共産党川崎市議団 渡辺学

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook