神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2021年5月21日 エリアトップへ

交流カフェメロディーココ コロナ乗り越え2周年 「今だからこそ継続を」

コミュニティ文化

公開:2021年5月21日

  • LINE
  • hatena
カフェの様子
カフェの様子

 NPO法人ワーカーズ・コレクティブメロディー(木村満里子理事長)が運営するコミュニティーカフェが、コロナ禍での休業や感染対策の苦労を乗り越え、4月に2周年を迎えた。木村理事長は「人と顔を合わせる機会が減っている今だからこそ、地域の居場所の必要性を改めて感じた」と話す。

 同法人メンバーと地域住民がボランティアで運営する「多世代の居場所メロディーココ」(幸区中幸町4の21)。600円と低価格でランチを提供することで、誰でも気軽に立ち寄れる居場所作りを目指し、2019年にオープンした。以来、子育て世代や高齢者など多世代が集う交流の場となっている。5月15日からきょうまで、バースデーウィークとして寄席や体操教室など多様な催しを実施。地域住民らが足を運んだ。

 カフェでは、元料理人が「包丁研ぎが得意」と言えば、子連れの母親が「今度お願いしたい」と返すなど、多世代間の会話にも花が咲く。「ここだからこその出会いがある」と木村理事長は語る。

 開設から1年程で新型コロナの感染拡大が直撃。毎日訪れる常連客も増え、ボランティアや客同士のつながりも徐々に広がり、軌道に乗り始めた時期だった。昨年の1回目の緊急事態宣言下で約3週間、店を閉めた際には「毎日楽しみにしてたからさびしい」「息抜きがなくなってしまった」と残念がる声が寄せられた。

 同法人は介護事業も展開しており、カフェと並行して働くメンバーも多いため、再開を検討する一方、高齢者への感染拡大の懸念も大きかった。木村理事長は「葛藤もあったが、コロナ禍で子どもと常に向き合い続けるママや、一人暮らしの高齢の方たちにとって大切な場所になっている」と、感染対策を徹底しながらの再開を決意した。

地域が作る多世代の居場所に

 給付金なども活用しながらカフェの運営は何とか維持しているが、地域の居場所を継続して開いていくためにも1日平均10人前後の来店者数を、徐々にでも増やしていきたいという。

 また、ボランティアの増員も目指す。現在は10人程が、それぞれの得意分野を生かして携わっているが、今後は約30人の確保を目標としている。木村理事長は「ゆくゆくは地域の人が地域のために、自分たちの手で運営していけるようになるのが理想」と語る。地道につながりを広げ、関わる人を増やしていく。

2周年を祝い施されたカラフルな装飾
2周年を祝い施されたカラフルな装飾

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

公園禁煙化、「望む」が54%

川崎市

公園禁煙化、「望む」が54%

6カ所でアンケート

6月14日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

食品購入費も対象に

町会応援補助金

食品購入費も対象に

会員の声受け、制度改正

6月7日

データが示す「充実度」

市の子どもの権利条例

データが示す「充実度」

市内在住・山田さんが分析

6月7日

災害VCに住民参加促す

幸区社協

災害VCに住民参加促す

 福祉計画の重点項目に

5月31日

文化でつながり後世へ

川崎沖縄県人会100周年

文化でつながり後世へ

会員数200世帯に回復

5月31日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook