川崎区・幸区版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

市政報告 ペットは大切な家族!一緒に避難ができるように 川崎市議会議員 山田えり

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena

ペットの同行避難

 令和元年東日本台風において、ペットの同行避難は可能であったものの周知不足によりペットを理由に避難所利用を断念する方がいたり、避難所側が受け入れを断る事例もあり、混乱が生じました。これを踏まえ、川崎市ではチラシ等を区役所や動物病院で配布するなどして広報を強化しています。

 また、その後の災害対応の検証において、川崎市地域防災計画「風水害対策編」に「緊急避難場所における動物の同行避難」として、「動物がいることで飼い主が緊急避難場所への避難を躊躇することのないよう原則として同行避難を受け入れるものとし、平時から緊急避難時の動物の同行避難におけるルールやマナー啓発を行うものとする」という修正がなされました。

震災対策編は未修正

 ですが、同防災計画の「震災対策編」においては未修正となっており、震災時のペット同行避難については「各避難所運営会議において検討の上」という本市HP等での周知となっています。風水害時は同行避難が可能で震災時は不可という計画であると混乱が生じることは明白です。

 また、本計画にのっとると、震災時にはペット同行ができないということで避難を躊躇する方が出ます。かつ、他の自治体の計画を見ると「震災対策編」においても明記されている所が主であり、ペット同行避難については災害の種類によって区別するべきではなく本市の震災対策編も修正し原則受入可能にすべきと考え、令和3年第4回定例会の一般質問において川崎市に見解を問いました。

震災時同行避難の理解促進を

 震災対策編についても今後、修正に向けて検討を行い、適切に対応していくとのことです。震災時は長期避難生活が前提になることから、ペットとの同行避難については避難者によるコミュニティで運営ルールが決定されるものと考えております。ですので、震災時の避難所運営を担っていただきます避難所運営会議の皆様のご理解は必須です。

 ペットも大切な家族の一員として安心して避難できるよう、今後も取り組んでまいります。

風水害時、ペット同行避難が可能なことを周知するチラシ(川崎市発行)
風水害時、ペット同行避難が可能なことを周知するチラシ(川崎市発行)

山田えり

川崎市川崎区小田4-35-9 小田ハウス101

https://www.eriyamada.net/

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

新時代のがん治療!

県政報告

新時代のがん治療!

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

4月29日号

明治天皇が行幸された小向梅林!御幸公園に観梅の名所の復活を!

市政リポート

明治天皇が行幸された小向梅林!御幸公園に観梅の名所の復活を!

12月から3月まで、25品種が開花川崎市議会議員(幸区) 野田まさゆき 自民党

4月29日号

さらなる通学の安全確保へ!

市政報告

さらなる通学の安全確保へ!

みらい川崎市議団 たむら 京三

4月1日号

子どもの登下校見守り強化

市政報告

子どもの登下校見守り強化

公明党川崎市議会議員団 浦田だいすけ

3月25日号

伝十郎桃、惣之助詩碑移転、抗がん剤治療に伴う装身具助成について市側の考え方を質す

市政報告

伝十郎桃、惣之助詩碑移転、抗がん剤治療に伴う装身具助成について市側の考え方を質す

3月9日、予算審査特別委員会で川崎市議会議員 みらい川崎市議団 飯塚正良

3月25日号

自治体の役割は「住民福祉の増進」市民の暮らし、福祉の充実を!

市政報告

自治体の役割は「住民福祉の増進」市民の暮らし、福祉の充実を!

日本共産党川崎市議団  渡辺 学 

3月25日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook