神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年2月2日 エリアトップへ

心臓移植好乃さん 「学校に戻れたよ」 手術成功、リハビリ経て

社会

公開:2024年2月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
登校する好乃さん
登校する好乃さん

 重い心臓病のため昨年夏に心臓移植手術を受けた幸区の小学6年生、五十嵐好乃(この)さん(12)が、3学期から学校に通い始めた。一時は深刻な病状だったが、たくさんの支援と奇跡に恵まれ、笑顔を取り戻した。

 「おはよー!」。1月末、好乃さんは笑顔で登校した。3年ぶりに復学した学校は、徒歩20分ほどの距離。当面は両親のいずれかが付き添うが、友だちらとおしゃべりするうち、あっという間に到着した。この日は父の好秀さん(47)が後ろで見守った。数か月前には予想できなかった展開に、「幸せをかみしめている」という。

 好乃さんは2021年春に難病「拡張型心筋症」と診断され、左心房に補助人工心臓を装着した。しかし「延命には心臓移植しかない」と宣告され、国内での移植を目指したが、病状は悪化。両親は一日でも早い移植に望みをつなぎ、海外での移植を決断した。

奇跡が起きた

 22年春には米国の病院での受け入れが決まったが、経費が高騰。見かねた友だちの保護者らが同年秋に「このちゃんを救う会」を結成し、週末ごとに市内の主要駅で募金活動を実施。同級生たちも「このちゃんを助けてください!」と声をあげ、23年3月には目標金額の5億円を達成した。

 だが体調は一層悪化。大阪の病院に転院し、右心にも人工心臓を装着した後で奇跡が起きた。「ドナーが見つかった」との連絡だった。好秀さんは「感謝しかなかった」と振り返る。

 手術は無事成功。順調に回復し、リハビリも頑張った。秋には主治医から「あと少しで家にも学校にも戻れる」と言われ、「みんなに会える!」と大喜びした。

 学校生活に制限はあるが、放課後はめいっぱい遊ぶほど元気になった好乃さん。「ドナーのおかげで生きている」ことを自覚し、「お友達の分まで頑張る」が口癖になった。好秀さんは「ドナーの方との奇跡的な出会いとたくさんの方々のご支援のおかげで、この素晴らしい日常がある。感謝しております」と語る。「救う会」の伊與部崇さん(46)も、「活動が実を結んで本当によかった」と話していた。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「支援の輪」次の段階へ

こども食堂

「支援の輪」次の段階へ

寄付増加、物流に課題

5月17日

「第4期」の5年で半減

川崎市

「第4期」の5年で半減

ホームレスの支援計画

5月17日

25年12月に完成予定

(仮称)川崎市民館・労働会館

25年12月に完成予定

26年2月の供用開始めざす

5月10日

川崎の業者が「助っ人」

多死社会

川崎の業者が「助っ人」

都会の遺体安置場所不足

5月10日

女性議員16人が連携

川崎市議会

女性議員16人が連携

課題共有し、政策提案へ

5月3日

「想定超」の4万7000人

川崎市健康アプリ

「想定超」の4万7000人

企業活動、口コミで拡大

5月3日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook