神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2015年1月1日 エリアトップへ

陸上関根花観選手(日本郵政グループ女子陸上部) 今は土台作り、そしてマラソンへ

スポーツ

公開:2015年1月1日

  • LINE
  • hatena
練習中の関根花観選手(12/2撮影)
練習中の関根花観選手(12/2撮影)

 昨年4月から日本郵政(株)に就職し、女子陸上部で活躍している。高校では全国高校駅伝大会で優勝。3000mのタイムも9分06秒の好タイムで、国内ランキングの上位に名を連ねた。

 高校入学は東日本大震災があった2011年。仙台育英高校には1カ月遅れての入学となった。新しい環境のためか、摂食障害になり、体調を崩した。「当時の監督や、中学校の時にお世話になった方に支えられた。中学とは違い、色々なプレッシャーがあったのかも」と振り返る。初めて出場した全国高校駅伝では、3位の成績を残した。

 高校2年の時に愛知県の豊川高校に転校。また新たな場所でのスタート。「駅伝で優勝が当たり前」という雰囲気の高校だった。「3位で大喜びしていたのに、トップ以外は考えられないようなチーム」で、鍛えられた。そして3年生の時、日本一を手にした。

 「初任給はお世話になった方に、ほんのちょっとですけど贈り物をしました。ほんとにちょっとなんです」と恥ずかしそうに笑う。

さらなる挑戦

 昨年の夏には、アメリカ・ボルダーで高地合宿も行った。20Km走やアップダウンの多いトレイルコースなど限界に挑戦した。「高校と違い、練習量も多くなるけど、限界まで追い込む練習がキツイです」。ラストはペース関係なく、限界まで挑戦する練習が続く。

 朝5時15分起床。6時から朝の練習が始まる。10Km以上走り込む。その後、出勤。社会人の顔になる。

 「お給料をもらっているので、結果を残さないといけないですね。そして日本郵政は全国にいっぱいあるので、応援していただけるように頑張らないと」。昨年11月には、東日本女子駅伝に出場し、トップランナーが集まる1区で見事区間賞に輝いた。

 社会人になると、少しずつ長い距離に挑戦中。高校時代はトラックで3000mが中心だったが、今は5000mが中心。先月には記録会で10000mに出場。「今は土台作りの時。少しずつ距離を長くしながら、マラソンを走れる体を作っていきたい」

「オリンピック」

 現在は、6日まで徳之島で合宿中。その後、都道府県対抗の皇后杯女子駅伝に東京都から出場する予定(1月11日)。中学生の時から出場し今回で5回目の出場となる。「今はまだトップレベルではないけれど、調子が良ければ、トップの人たちと勝負できるかな」と現在の自分を分析する。

 「あと1、2年でしっかり土台を作り、次に向かいたい。2020年の東京オリンピックにはマラソンで出場したい。そのために、今をしっかり過ごしたい。土台作りが今の課題」と目標をオリンピックに添える。

 休みの日は「寝られるだけ寝て、スーパー銭湯に行くのが楽しみ。気分転換は小学生から読み続けている少年ジャンプです」と笑う。

町田版のローカルニュース最新6

2回目の成人式、28日に

マチダブル 参加者を募集

2回目の成人式、28日に

4月18日

敗戦も最多の入場者数

敗戦も最多の入場者数

ホーム戦 3万9080人

4月18日

十種王者の「隠し湯」に

十種王者の「隠し湯」に

 国士大選手 木曽の銭湯で癒す

4月18日

「オペラの魅力 知る機会に」

「オペラの魅力 知る機会に」

森澤かおりさんインタビュー

4月18日

金井で花祭り

金井で花祭り

名物の足湯に人

4月18日

介護の入門的研修

介護の入門的研修

町田で始める介護のしごと

4月18日

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook