神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2016年6月30日 エリアトップへ

象に魅せられ描き続ける 吉田玄さんの絵を展示

文化

公開:2016年6月30日

  • LINE
  • hatena
展示されたイラストを指す吉田玄さん
展示されたイラストを指す吉田玄さん

 玉川学園駅南口からすぐ、城南信用金庫玉川学園支店の道路に面した「たまがくみんなのギャラリー」にユニークなデザインの象のイラストが展示されている。7月16日ごろまで。

 これは”しあわせぞうさんイラストレーター”の吉田玄さん(20)の作品。生まれつき聴覚障害と発達障害がある吉田さんは、0歳から6歳まで市内の日本聾話学校に通っていた。小学5年の時に象に興味を持ち始め、井の頭動物園に「はな子」を見に通い、絵を描くことに没頭。2012年から「ハッピーエレファント」というイラスト活動を開始した。イベントや手作り展などに出店し、その場でリクエストに応じて象のイラストを描いている。現在住む八王子では「ゾウの玄ちゃん」で名が通っているとか。

 美大出身の母親・純子さんは「障害者の息子に言葉を伝えるために、絵日記などイラストで筆談をしていました。展示会や露店、インターネットなどで全国の象さん好きの人々と交流するなど、この社会活動を通じて色々な繋がりができ、本人の為になっています」と話す。今回の展示は両者と繋がりのある町田法友会の協力により実現した。

町田版のローカルニュース最新6

技能功労者らを表彰

町田市

技能功労者らを表彰

商工会議所と先ごろ、式典

2月29日

「走り方」を指導

五輪選手 関根さん

「走り方」を指導

忠生小で児童らに

2月29日

玉川学園でギターライフを

玉川学園でギターライフを

「心よりサポート」

2月29日

米国人語る日本語の不思議

米国人語る日本語の不思議

3月30日 町田駅近くで催し

2月29日

愛と情熱のカンツォーネ

ホワイトデーに贈る

愛と情熱のカンツォーネ

2月29日

町田に「常夏」

駅前施設でフライベント

町田に「常夏」

2月29日

募金箱設置/チケット千円/申込は市民ホール等

①10:30〜「ひとにぎりの塩」②14:30〜「一献の系譜」

https://www.m-shimin-hall.jp/tsurukawa/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook