町田版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

大林宣彦氏、小林はくどう氏が講評 想像力豊かな力作165編 創作童話コンクール表彰式

文化

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
講評を話す大林宣彦氏(写真左)
講評を話す大林宣彦氏(写真左)

 子ども創造キャンパスひなた村(山口正宣館長)のカリヨンホールで2月2日、市が主催する創作童話コンクールの表彰式と作品発表会が開かれた。23回目の今回は165編の応募があり、審査員は今年も映画監督の大林宣彦氏と映像作家の小林はくどう氏が務めた。

 同コンクールは青少年に関わる奉仕事業を行おうと23年前に東京町田・中ロータリークラブ(大貫良道会長)が企画。主催を市に引き継いだ現在は審査や表彰式のスタッフとして協力している。

 小学校低学年の部、小学校高学年の部、中学校・高等学校の部に分かれ、ひなた村賞、審査員特別賞、東京町田・中ロータリークラブ会長賞、教育委員長賞、市長賞がそれぞれ与えられた。市長賞は清水陽奈子さん(南成瀬小3年)『はじめてのお姉ちゃん』、丸地優衣さん(南成瀬小5年)『島の学校』、花里寛海さん(鶴川第二中3年)『ブタは木の上』が受賞し、朗読劇かわせみ座のメンバーがそれぞれの作品を朗読劇にして披露した。大林監督は「表現することは自分を発見すること。見えてくる世界は一人ひとり違う。作品に人間が見え、社会が見える」と講評した。
 

かわせみ座による朗読劇
かわせみ座による朗読劇

町田版のローカルニュース最新6

秋イベントの中止が決定

秋イベントの中止が決定 社会

新型コロナの影響受け

7月9日号

今度はデグーベビー

出産ラッシュ!!町田リス園

今度はデグーベビー 社会

7月9日号

歌を楽しむ日が復活

歌を楽しむ日が復活 文化

7月22日 まちだ歌声の会

7月9日号

おさんぽ とっちゃん

「ほっこり時間」

おさんぽ とっちゃん 社会

7月2日号

東京町田サルビアRC

東京町田RC

あっとほーむデスク

  • 5月8日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク