厚木・愛川・清川版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

女子サッカー 田中桃子さんU-16代表に FC厚木ガールズ出身

スポーツ

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena
かつてのチームメイトらに激励される田中さん(中央)
かつてのチームメイトらに激励される田中さん(中央)

 永里姉妹に続く「なでしこ少女」が厚木から誕生―。市内妻田西在住の田中桃子さん(15)が10月19日、「AFC U―16女子選手権2015中国」(武漢・11月4日開幕)を戦う16歳以下のサッカー女子日本代表に選ばれた。

 同選手権は8カ国による大会。来年ヨルダンで行われる17歳以下の女子ワールドカップのアジア予選を兼ねており、上位2チームが出場権を獲得する。日本は北朝鮮、台湾、ウズベキスタンと予選リーグ同組となり、5日(木)にウズベキスタンとの初戦を迎える。

 田中さんは小学1年の終わりから市内で活動する女子サッカークラブの「FC厚木ガールズ」に所属。4年生の後半からゴールキーパーを任され、ほどなく日本サッカー協会の育成プロジェクトや強化合宿に呼ばれるようになった。

 6年時には主将を経験し、小学校卒業後なでしこリーグの日テレ・ベレーザの下部組織、メニーナに加入。クロスボール処理やコーナーキック時の対応を得意とし、168cmの長身を生かして所属クラブでも活躍してきた。年代別代表としてはこの16歳以下が最年少カテゴリーとなるため、今回が初の日本代表選出となる。

 10月25日にはFC厚木ガールズによる激励壮行会が市内飯山の元湯旅館で開かれた。会には田中さんの同級生や先輩・後輩、現役選手の保護者やコーチ陣など50人近くが出席した。

 幼いころから田中さんを見守ってきた厚木ガールズ監督の石野光人さんは「厳しく指導した部分もあったが、素直な子なのでそれを力に変えてくれた。大切なものを信じて、自分で道を切り開いていってほしい」とエールを送った。

 仲間たちから激励を受けた田中さんは「日本代表に選ばれたのは小学校の頃の指導があったからだと思います。行くからには世界への切符を取ってきます。応援よろしくお願いします」と決意を述べた。

 「ただ代表に選ばれるだけでなく、その先を想像できるようにしたい」と将来の目標を話す田中さん。世界への扉を開く戦いに、若き守護神が挑む。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

2分署が新築供用開始

厚木消防署

2分署が新築供用開始 社会

相川と南毛利

1月14日号

心を繋ぐ「結」の年に

清川村

心を繋ぐ「結」の年に 社会

新春村長インタビュー

1月14日号

揃って式典開催へ

厚木・愛川・清川

揃って式典開催へ 社会

新成人は3自治体で2,884人

1月7日号

「万里一空」を胸に

愛川町

「万里一空」を胸に 社会

新春町長インタビュー

1月7日号

薬師如来が今年御開帳

妻田薬師

薬師如来が今年御開帳 文化

12年に1度寅年に

1月1日号

新たな時代への一歩

厚木市

新たな時代への一歩 社会

新春市長インタビュー

1月1日号

海老名市今里で宅地18区画販売

海老名の不動産なら株式会社エイト

http://www.8eight.jp/

小児科内科落合院

病児のお預かりもしています。保育・医療事務担当職員募集中

https://www.ochiai-iin.com/

ニチイの医療事務講座

9月1日~10月31日まで受講料が30%OFFに。無料体験説明会も実施

https://www.e-nichii.net/campaign/iryo_reiwastart2019/

「自分でできた!」に導く公文式

いつでも教室減額ができます。お近くの教室は「くもん教室」で検索

https://www.kumon.ne.jp/

屋根修理は妻田南のアイネックス

「雨が漏った」「屋根材が剥がれた」など、屋根や壁の困りごとがあったら連絡を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook