厚木版 掲載号:2015年11月20日号
  • googleplus
  • LINE

厚木市 SC(セーフコミュニティ)再認証を取得 継続的な取り組みに評価

社会

式典で認証旗をもつ関係者ら
式典で認証旗をもつ関係者ら
 「安心・安全な街」の指標であるセーフコミュニティの再認証式典が11月14日、市文化会館で行われた。厚木市のセーフコミュニティ初取得から5年。取り組みの定着と継続性が認められ国内では3例目の再認証となる。

 セーフコミュニティ(以下SC)とは、「事故やけがは偶然に起こるものではなく、必ず予防できる」という理念のもと、地域や行政、関連機関が協働して「安心・安全な街」をめざす取り組み。WHO(世界保健機関)によって推奨されている、世界規模のものだ。

 厚木市は2008年から認証に向けた取り組みを開始し、10年に初取得。5年が経過した今年は制度で義務付けられた再認証審査の年であり、それに向けた準備が進められてきた。

 再認証において最もポイントとなるのが、「継続性」。初取得の際に挙げられた交通安全や防災などの8つの課題について、改善されているか、活動が継続されているかなどが審査された。

 その中でも、成果が確認されたのは交通安全対策や自転車生活の安全対策。交通安全教室や自転車用ヘルメットの着用運動などが継続され、交通事故件数は認証取得後も減少傾向にある。これらの成果と、昨年10月の事前現地指導を経て再認証が決定した。

 この日、式典には小林常良市長をはじめとする関係者に加え、SCに取り組む自治体の市長らが出席。会場にはSC推進委員会や防犯関係団体、一般市民など約320人が集まった。

 1部ではSC自治体シンポジウムを開催。厚木市セーフコミュニティ専門委員の石附弘氏をファシリテーターに、認証取得自治体の市長と各市の取り組み等が紹介された。

 2部では市長をはじめとする関係者6人によるSC合意書への署名式が実施され、SC公認認証委員のチョ・ジュンピル氏から認証の証である認証旗と盾が授与された。小林市長は「今日をスタートとして、これからも、市民の皆さんと手を携えて努力、精進していきたい」と、次なる5年後に向け力強く語った。

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のトップニュース最新6件

防災に生かす、社会経験

県総合防災センター

防災に生かす、社会経験

2月16日号

後輩に語る“仕事の軌跡”

夢実現の軌跡 書籍化へ

厚木市出身加藤久美子さん

夢実現の軌跡 書籍化へ

2月9日号

ATMに厚木の観光情報

横浜銀行

ATMに厚木の観光情報

2月9日号

テレワークの拠点を整備

プロミティあつぎ内

テレワークの拠点を整備

2月2日号

「飯山の玄関」が完成

中飯山自治会館

「飯山の玄関」が完成

2月2日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク