厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

にぎわい美化清掃 地域活性に貢献し500回 12年で7500人が参加

社会

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena
500回記念のこの日は45人が参加した
500回記念のこの日は45人が参加した

 中心市街地の商店会長や地元の自治会長らでつくる厚木市まちなか活性化プロジェクト(六ヶ村健三会長、会員24人)の会員らが毎週続けてきた『にぎわい美化清掃』が11月1日に通算500回を迎えた。「街がきれいになり、人通りも増えた」という声もあり、地域の活性化にも一役買っている。

 『にぎわい美化清掃』は、厚木の玄関口である小田急線本厚木駅周辺を市民の手できれいにする美化清掃。「多くの人に来ていただく街をきれいにしよう」と、当時の厚木市市街地にぎわい懇話会(現厚木市まちなか活性化プロジェクト)が呼びかけ、2007年10月にスタートした。以来、雨の日以外毎週金曜日に実施。今月1日についに500回を迎えた。これまでの延べ参加者は、7500人に上るという。

 1回目から参加している六ヶ村会長は、「始めた当時は厚木の街自体が停滞していて中心地区もパルコの撤退等が重なり、人通りも減り治安面での不安も大きかった。その解消のためにまずは街をきれいにすることから始めようということになった」と、振り返る。

 当初は商店街の有志が中心だったが、店の営業も抱えボランティアで集まることには限界があり、一時は4〜5人の参加しかなく、「存続の危機」もあった。そんな時に、不安の一端でもあった街中に立つ外国人らに声をかけ、協力を要請。「英語の話せる人をわざわざ連れてきて、恐る恐る話しかけたら日本語ペラペラでね。理解してくれて数人が参加するようになったんだ。治安の不安解消にもつながったね」と笑う。

 近年は、地元企業や団体の社員らも参加するようになり、一般参加者も含めて平均15人前後が活動しているという。16年度には、地域ボランティアとして本厚木駅周辺の環境美化活動に尽力した功績が認められ、「厚木市表彰」を受けている。

 500回記念のこの日は45人が参加。駅周辺の道路や公園などを清掃した。六ヶ村会長は、「多くの皆さんに賛同いただき、続けてこられた。この活動で街の安心・安全はもちろん、賑わいも実現できる。これからも、皆さんと一緒に厚木の玄関口の魅力を高めていきたい」と話した。
 

コースに分かれてゴミを拾った
コースに分かれてゴミを拾った

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

6基の新水槽が完成

あゆ種苗センター

6基の新水槽が完成 社会

5tの生産量増見込む

12月6日号

夢未市が10周年

JAあつぎ

夢未市が10周年 経済

今日から8日まで記念祭

12月6日号

和裁ひとすじ、半世紀

神奈川の名工

和裁ひとすじ、半世紀 文化

厚木市から軍司さんが受賞

11月29日号

小鮎小PTAが大臣表彰

小鮎小PTAが大臣表彰 教育

「地域とのつながり」評価

11月29日号

南蛮屋本店が受賞

県優良小売店舗表彰

南蛮屋本店が受賞 文化

 炭火焙煎コーヒー店

11月22日号

荻野で2度目の実証運行

厚木市

荻野で2度目の実証運行 社会

「地域コミュ交通」実現へ向け

11月22日号

地域一丸で125周年祝福

愛川町立高峰小

地域一丸で125周年祝福 教育

ドローンで人文字撮影

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク