横須賀版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

全国や県の陸上大会で数々の入賞経歴を持つ、将来有望な長距離ランナー 小泉雄輝(よしき)さん ハイランド在住 18歳

めざすは夢の箱根路

 ○…今月12日に行われた「かながわ駅伝」の市の代表メンバーとして出場。任された3区では7位でタスキを受け、5人抜きの快走を見せた。見事な活躍ながら「3人抜いた記憶はあるが、4人目以降が実はおぼろげで…」と苦笑い。走りに夢中になると周りが見えなくなる節があるらしい。

 ○…小学6年から野球を始め、中学でも野球部に入部。しかし半年後に俊足をかわれ、陸上部から転部のオファーがきた。迷っていたが野球部顧問にも快く背中を押してもらい「走ることも楽しそうだ」と決意した。陸上は素人だったが「野球を辞めてまで入ったからには、恥ずかしくない成績を残したい」と基礎練習から必死で食らいついた。市・県大会では目覚しい活躍を見せたが、中学3年で初めて挑んだ全国大会はまさかの予選落ち。「力不足にがっかりした」。全国のレベルの高さを思い知った。

 ○…「陸上には謙虚さも必要」との監督の教えを忠実に守る。家族、仲間、恩師に感謝の念を持ち、走れる喜びを噛みしめることができてこそ強いランナーなのだ。駅伝大会には必ず街頭で声援を送ってくれる両親に対しても「感謝は尽きない」と振り返る。周りを見ることで気持ちに余裕ができ、より集中できるようにもなった。パワーだけでは記録は伸びないのだ。

 ○…往復3時間の通学・勉強・部活をこなすハードな毎日の息抜きは専らゲーム。部屋から出ず、寝食を後回しで没頭することもある。そんな男子高校生らしい一面も覗かせるが来月には藤沢翔陵高校を卒業。「長距離を始めて以来、憧れ続けた箱根駅伝に出場したい」と強豪校である日体大を志望し、4月からはれて大学生になる。当面の目標は2年生までにレギュラー枠を勝ち取ること。「全国から集まる実力者に競り勝つには並大抵の努力だけでは絶対にダメ」と語気を強め、「最後にものを言うのは日々の積み重ねしかない」と自分を厳しく律した。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

かながわ駅伝初優勝のチーム横須賀で主将を務めた

秋澤 啓尚(ひろなお)さん

2月16日号

稲崎 高史さん

氷彫刻をはじめ造形作家として活躍する

稲崎 高史さん

2月9日号

後藤田 亘輝さん

高校サッカー選手権で優勝した前橋育英のメンバーで高校選抜候補にも選出されている

後藤田 亘輝さん

2月2日号

小菅 雪月さん

1月28日に都内で行われる「全国高等学校ビブリオバトル」に出場する

小菅 雪月さん

1月26日号

浜口 直樹さん

新年恒例の宮中行事「歌会始の儀」の入選者10人に選ばれた

浜口 直樹さん

1月19日号

樋口 一郎さん

ガイドブック『鎌倉&三浦半島 山から海へ30コース』を手掛けた

樋口 一郎さん

1月12日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光に満ちた色彩の「航跡」

光に満ちた色彩の「航跡」

横須賀美術館で青山義雄展

2月10日~4月15日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク