横須賀版 掲載号:2014年7月18日号 エリアトップへ

ピアニストとして、昨年度の日本芸術院賞を受賞した 野島 稔さん 大津在住 69歳

掲載号:2014年7月18日号

  • LINE
  • hatena

ピアノの真髄 次世代に

 ○…「今までの積み重ねを、皆さんに認めていただいたことが嬉しい」。昨年度の日本芸術院賞に選ばれ、今月1日には天皇・皇后陛下ご臨席のもと、授賞式に出席。正統派ピアニストとして国内外での功績に加え、後進の育成活動も評価された形だ。

 ○…自宅にあったオルガンが初めての鍵盤楽器。姉に倣ってピアノを習い始めたのは「はっきりと覚えていないけど、3歳と少し」。両親の後押しもあり、小学1年生の時には毎週、鵠沼まで習いに行くようになった。「江ノ電に乗るのも楽しみだった」という少年は、ソルフュージュや聴音といった技術を身につけ、大津小4年の時に学生音楽コンクールで優勝。これを機に、10歳でN響と共演し、演奏旅行も経験した。「自分の進む道にはピアノがある」。大学進学後、恩師に勧められ、モスクワ音楽院へ留学。冷戦後、文化的な交流がやっと始まりつつあった時期だ。海外への留学そのものが大変だっただけでなく、マイナス20℃の極寒と独りの生活。そんな環境が自分を強くした。「情報に惑わされず、自分の内側を見つめるには良い機会だった」。さらに「音楽を愛する聴衆と、世界最高のレベルの先生に囲まれて学べたのは幸運」と振り返る。

 ○…著名なコンクールで成績を収め、アメリカ・ヨーロッパ各地のリサイタルやオーケストラとの共演で世界を渡り歩く。現在は、東京音楽大学の学長を務め、指導に当たる多忙な日々。「都内は音に溢れていて、無頓着。音の感覚も空気も違う」と居心地の良さは断然、横須賀だ。音楽家としての感性を研ぎ澄ますため、遅くなっても大津の自宅に帰っているという。

 ○…2006年から隔年で、自身の名前を冠にしたピアノコンクールを開催する。出場するのは、10代後半から20代の成長著しい若手。「私の時代よりもすんなりとピアノに溶け込めている」と評価。多くの輝く”芽”の成長に期待する。

横須賀版の人物風土記最新6

石塚 千津子さん

ボランティア団体「ゆいの広場」代表で認知症カフェ「 ら・らら」を運営する

石塚 千津子さん

グリーンハイツ在住 72歳

9月17日号

横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか)

日本コロムビア所属歌手で作詞家としても活動する

横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか)

林在住

9月10日号

岡田 成煥(せいかん)さん

株式会社富士防の代表取締役で「富士防職業訓練校」を開校した

岡田 成煥(せいかん)さん

森崎在住 55歳

9月3日号

荒井 峻(たかし)さん

大津中学校陸上部顧問で全国中学校陸上競技選手権大会に選手を導いた

荒井 峻(たかし)さん

長沢在住 36歳

8月27日号

北川 幸子(ゆきこ)さん

私設スペース「衣笠駅徒歩1分図書館」を運営する

北川 幸子(ゆきこ)さん

衣笠栄町在勤

8月20日号

中澤 秀佳さん

全国高等学校将棋選手権大会の女子個人戦で準優勝した

中澤 秀佳さん

池上在住 清泉女学院高校1年

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook