横須賀版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

三浦半島の海を描き続け、6月3日から浦賀のギャラリーで展覧会を行う 宮崎 眞弓さん 東浦賀在住

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena

海の響き 絵で表現

 ○…12年前、知人に案内してもらった浦賀の海に惹かれ、都内から移住を決意。以降、海の中をモチーフに、幾重にも色を重ねた抽象画を描いている。市内で2回、いずれも海のそばに居を移した中で、三浦半島の海がもつさまざまな表情に魅了された。西浦賀から臨む東京湾、秋谷の立石海岸からの夕日、東浦賀の湾を隔てた対岸の街並み…。「同じ海なのに見える景色がまったく違うの」。発表の場は都内が主だが、「地元の海はやっぱり地元の人に見てもらいたい」。来月から行う展覧会では、力作約20点を並べる。

 ○…東京の下町育ち。小さい頃、近所の美大生がクリスマスにくれたクレパスセットの綺麗さに感激し、一日中画用紙に向かった。「靴下に入ったお菓子より嬉しかった」。高校では美術科絵画コースに進み、芸術学部のある大学を卒業。「描き続けたいなら絵具代を稼がないと」。建築会社やアパレル業界を経て、30歳を前に絵描きを生業とする決断をした。

 ○…40歳半ばを過ぎたある日、横須賀海上自衛隊に勤める友人に言われた何気ない一言。「海を描くならまず潜らなきゃ」。見当外れなアドバイスに面を喰らったが、「”海のプロ”がそう言うのなら」。その年の暮れには何かに導かれるようにスキューバダイビングの資格を取っていた。いつも遠くから眺めるだけだった海の中はまるで「宇宙のよう」。無我夢中で飛び込んだ先で見えた世界は、自身が今日まで描く「海響(うみひびき)」シリーズにより深い重厚感を与えてくれた。

 ○…窓から東浦賀の湾を見下ろす自宅のアトリエと愛猫がお気に入り。さざ波に耳を傾けながら、マイペースに活動を続ける。同窓生の作家や旧友らが集まる展覧会は「同窓会に似ている」という。「せっかく遠方から来てくれるんだから、横須賀そのものを好きになってもらいたい」。人と土地をアートで結べるよう、絵筆に願いを込める。

横須賀版の人物風土記最新6

大場 智和さん

地域貢献事業を手掛ける一般社団法人「よこすかスポーツ・M学舎BAO」を立ち上げた

大場 智和さん

岩戸在住 68歳

1月21日号

チェイス アンリさん

全国高校サッカー選手権に尚志高校(福島県)のセンターバックとして出場した

チェイス アンリさん スポーツ

津久井出身 17歳

1月14日号

中本 剛央さん

横須賀青年会議所第70代理事長に就任した

中本 剛央さん

深田台在勤 39歳

1月7日号

鈴木 友さん

写真集『解体されゆく電車の風景』を自費出版した

鈴木 友さん

鴨居在住 22歳

12月17日号

吉田 友則さん

創作料理で地元生産者と交流を図る「よこすか青空レストラン」を主催する

吉田 友則さん

西浦賀出身 51歳

12月10日号

石井 健次さん

横須賀市産業振興財団の職員として、起業・創業支援の事業を手掛ける

石井 健次さん

市内在勤 41歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook