横須賀版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

3年連続「神奈川なでしこブランド」の認定を受けた商品開発者 阿部 和美さん ハイランド在住 

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena

”女性目線”で新規層を開拓

 ○…働く女性、活躍する女性のアイコンとなった。女性が開発を主導とした商品・サービスで優れたものを県が認定する「神奈川なでしこブランド」。3年連続で認定を受けたのは本人が勤務する事業所(大草薬品(株))だけ。評価を素直に喜ぶ一方で、「仕事に男女の区別はありません」と笑顔で打ち明ける。唯一あるとすればそれは”女性目線”。冷静な物言いが、キャリアウーマンとしての矜持を感じさせる。

 ○…医薬品開発部門の責任者。昨今はシニア世代に向けた健康補助食品に注力している。今回の認定商品はひざ関節の動きを助けるゼリー。量を多く摂取しなくても効果を得られるようにと、体内利用率が通常の3倍高いグルコサミンを素材に用いた。前回は口臭ケア用品。要介護者の口臭に悩まされている女性の声が着想の原点となった。刺激の強いミント成分を抑えたマイルドな味は、歯磨きを嫌がる乳幼児の利用も想定」。女性ならではのアイデアと視点で新規層を開拓していく。

 ○…少女時代。白衣姿でキビキビと仕事をこなす薬剤師の女性を目にして、将来を決めた。大学卒業後、医薬品メーカーの研究部門に従事。結婚を機に横須賀に移り住んで27年を数える。ひところ、薬剤師として調剤薬局に勤めたが、商品開発を手掛けたいという思いが再燃。現在の会社に飛び込んだ。薬品(健康食品)の試作からパッケージのデザインまで一貫して担う今の立場には、「大きな責任とやりがいを感じています」

 ○…女性の活躍が企業の成長のカギを握るとされている。そうした中で、この先の10年で自分に何ができるのかを考える。答えは「後進の育成」。研究開発で培った知見やノウハウを伝えていくことだ。そうした人材と手を携えて次なる商品を手掛けていく。
 

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6

漆山 晃(ひかる)さん

「相模のとらふぐ」のブランド化を推進する漁師グループで会長を務める

漆山 晃(ひかる)さん

長井在住 50歳

11月26日号

荒井 一穂さん

クラシックギタリストで11月28日にソロリサイタルを行う

荒井 一穂さん

野比出身 30歳

11月19日号

北見 雅則さん

ご当地カクテル「横須賀ブラジャー」が10周年を迎えた若松新生商業組合長の

北見 雅則さん

市内在勤 67歳

11月12日号

相澤 勉さん

令和3年度優良PTA文部科学大臣表彰を受けた鴨居中学校PTAで会長を務める

相澤 勉さん

東浦賀在住 38歳

11月5日号

戸井田 雄さん

現代美術作家で熱海市まちおこしのキーマンとして活動する

戸井田 雄さん

東逸見町出身 38歳

10月29日号

SAINTさん(本名:ラッドレイン セイント イルメ)

現役の米海兵で10月24日(日)に開催される総合格闘技の祭典「RIZIN」に初参戦する

SAINTさん(本名:ラッドレイン セイント イルメ)

平成町在住 28歳

10月22日号

横須賀市三春町4-1-10

「スカエネ」で太陽光発電を0円で設置

https://sanei-e.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook