横須賀版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

「職親(しょくしん)」と呼ばれる若者の更生支援活動に取り組む 岡本 昌宏さん 三春町在住 41歳

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

「やり直し」許容する社会に

 ○…児童養護施設や少年院の退所者など、行き場のない若者の就労自立支援に独自の手法で取り組んできた。自身が営む建設会社に「住まい」「とびの仕事」「身元引き受け」の3点セットで雇い入れる。社会を生き抜くために”手に職”を身に付け、独り立ちを目指す理想の仕組みだが、「現実は厳しい」。11年間で迎えた若者約40人は、ほぼ全員が自分のもとを去って行った。「長くて1年。1日で音を上げて消えてしまったケースもある」

 ○…離職の理由は同じだ。「仕事がきつい」「人間関係がうまくいかない」。理想と現実のギャップに直面し、何の相談もなく居なくなってしまう。生活費として貸し出した数十万の借金は何度も踏み倒された。めげそうな気持ちを鼓舞しながらこれまで続けてきたが、限界を感じた。「でもあきらめたくない」。全国で同様の取り組みを行っている組織に学び、新たな仕組づくりに乗り出す。協力企業を募って、職種の選択肢を拡げるほか、生活面や精神面をサポートする施設を立ち上げる。

 ○…小学生時代に通っていた学童保育。健常者も障がい者もボーダーなく過ごした経験が原点だ。「助け合うのが当たり前。ボランティア精神が自然と身についた」。その一方で非行に走った時期もあり、大学は3カ月で中退。悪事の限りを尽くし、「生きるか死ぬかのどん底までいった」。救ってくれたのが当時の彼女で現在の妻。「一緒に暮らしたいなら真面目になって─」。とび職人となって夢中で働き30歳で独立を果たした。

 ○…「更生するきっかけが人との出会いだった」。与えてもらったチャンスを、今度は社会に返すことが使命だと考えている。事業を大きくすることに興味はない。公言している目標は「独立する職人が日本一多い会社」。現在、1年前に雇い入れた21歳の若者が修行を積んでいる。「社長の期待に応えたい」。彼のその言葉を信じている。

横須賀版の人物風土記最新6

中山 友里さん

MOS世界学生大会2022の「Word部門」で日本代表選考優秀者に選出された

中山 友里さん

根岸町在住 21歳

8月12日号

永原 煌子(きららこ)さん

「全国高等学校ビブリオバトル」の神奈川県予選で優勝した

永原 煌子(きららこ)さん

県立横須賀高校在学 17歳

8月5日号

大和(おわ) 晴彦さん

BMX競技で世界に挑む期待のホープ。強化指定選手として次期五輪もめざす

大和(おわ) 晴彦さん

湘南鷹取在住 20歳

7月29日号

加藤 和之さん

ピースネットワーク横須賀orizuru代表で被爆体験の伝承活動を展開する

加藤 和之さん

米が浜通在住 50歳

7月22日号

山田 佳花(よしか)さん

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)女子5000m競歩に出場する

山田 佳花(よしか)さん スポーツ

佐原在住 18歳

7月15日号

山本 洋志さん

「横須賀古地図くらぶ」共同代表で歴史講座を開く

山本 洋志さん

馬堀海岸在住 58歳

7月8日号

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook