横須賀版 掲載号:2018年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

プロウインドサーファーでNPO法人「津久井浜マリンスポーツ連盟」の中心メンバー 長谷川 篤さん 津久井浜在住 35歳

不完全燃焼で終われない

 ○…ウインドサーファーは風向きで季節の変化を感じる。秋・冬は肌を刺すような冷たい北風。春・夏は湿った空気を含んだ南風。「都内で生活していた頃には忘れかけていた感覚。海辺で過ごすようになってようやく取り戻した」。昨年末、サラリーマン生活を一旦リセット。プロ選手として競技に打ち込む覚悟を決めて「風のまち」津久井浜に移住を決めた。「好きなウインドサーフィンをとことん突き詰めたい」。35歳の決断に迷いはない。

 ○…「海が好き」という単純な理由で入学を決めた東京海洋大学。ウインドサーフィン部に所属し、力をつけた。大学院を卒業後は水処理の企業に就職。会社員と選手の二足のわらじで活動を続けてきたが、ご多分にもれず仕事に忙殺されるようになった。「直近の2年くらいは海にも行けないくらい」。仕事と天秤にかけて選んだのが「風が吹いたら海に出る」という現在の生活。「不完全燃焼こそが人生最大のストレス」とにこやかに語った。

 ○…5月にホームゲレンデの津久井浜海岸で開かれるW杯横須賀大会出場が目下の最大の目標。今月に大分県で開かれる選考レースで決まるという。長期ブランクからの復帰に技術、体力面で大きなハンデを感じているというが、「自分の走りさえできれば」との自負もある。

 ○…移住前から通い詰めてきた津久井浜海岸に、新しい風が吹き始めているのを感じている。北下浦エリアでは、ウインドサーフィンとまちづくりが互いに作用し始め、大きなうねりができつつある。自身も選手活動の傍らで、地元の人たちに海の魅力を伝えるNPO法人を立ち上げた。「世界をめざすジュニアアスリートの育成もやってみたいことのひとつ」。マリンレジャーを地域の文化として定着させることに力を尽くす。

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6件

西川 郷子さん

トリオバンド「星ノ飛ブ夜」で活動中。「上々颱風」のボーカリストでもある

西川 郷子さん

4月20日号

奈良橋 (ならはし) 健さん

渋谷ヒカリエで催される「東京カメラ部2018写真展」の作品に選ばれた

奈良橋 (ならはし) 健さん

4月13日号

モリ ナヲ弥さん

小出版社「サンズイ舎」を主宰、横須賀ブックミュージアムを企画した

モリ ナヲ弥さん

4月6日号

小松 惠美子さん

障害者交流グループ「モモの会」の代表を30年間務めてきた

小松 惠美子さん

3月23日号

眞田 雅浩さん

北下浦地域で統一ブランド商品「横須賀ウインドブルー」の展開に力を入れる

眞田 雅浩さん

3月9日号

花形 みつるさん

県立横須賀高校ラグビー部への取材をもとに小説を出版した

花形 みつるさん

3月2日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

走水&猿島 Wツアー

走水&猿島 Wツアー

国指定史跡の砲台跡巡る

4月28日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク